今夏はビアガーデン活況! 4年ぶり「フル開催」、各地で席数も戻って「ようやく本来の夏」に

   ビアガーデンが全国で4年ぶりの盛り上がりを見せている。

   2023年5月連休明けから、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが季節性インフルエンザと同等の「5類」に移行したことが大きな要因だ。

   各店舗では席数をコロナ禍前に戻したり、2022年のようなパーテーションは取り外したりして、にぎわいの復活と客数増による売上アップを狙っている。

  • 今夏はビアガーデンが活況に(写真はイメージ)
    今夏はビアガーデンが活況に(写真はイメージ)
  • 今夏はビアガーデンが活況に(写真はイメージ)

松屋銀座、テーマは「ミートパワー」 外国人観光客狙いの工夫も

   全国のビアガーデンの大半は新型コロナの感染拡大が起きた2020年は中止を余儀なくされた。

   その後、感染がやや落ち着いた21年と22年は再開の動きが徐々に広がったものの、人数を制限したり、あちこちに消毒液を配置したりするなど、さまざまな制限を設けながらの開催だった。

   しかし、23年はガラッと様相が変わっている。

   「4年ぶりに制約なく『フル開催』します」と大々的に呼びかけているのは、東京都中央区の銀座中心街にある百貨店、松屋銀座だ。

   20年は中止に追い込まれ、21、22年は席数を大幅に制限し、客にはマスク会食を求めるなどの工夫をして何とか開催した。

   しかし、23年は5月26日から「美しくなるビアガーデン」と銘打ち、席数なども19年と同じ水準に戻す。テーマは、肉(MEAT)と、これまで制限されてきた仲間との会合(MEET)をかけ、「ミートパワー」で、バーベキューのメニューをそろえている。

   また、銀座に急速に戻ってきているインバウンド(外国人観光客)も取り込めるよう、予約なしでイタリアのスパークリングワインの飲み比べができるコースも新たに設ける。

姉妹サイト