転職者が定着して、いきいき頑張ってくれる方法は? ポイントは「周りからの働きかけ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   転職を考えるビジネスパーソンも多いと思うが、新しい転職先で長く続けるためには、周りからどんな支援が必要なのだろうか?

   そんな疑問に答える調査がリクルート(東京都千代田区)の2023年5月30日に発表した転職者に聞いた転職後実態調査(転職後半年~1年の方対象)だ。調査によると転職先で「いきいきと働くことができている」人は「60.2%」で過半数を超えていることがわかった。

   また、転職後にいきいきと働くための条件は「周囲からの期待」や「上司の業務支援」「同僚が転職者の持ち味を理解」などがある実態が明らかになった。

  • いきいき伸び伸びと働きたい!(写真はイメージです)
    いきいき伸び伸びと働きたい!(写真はイメージです)
  • いきいき伸び伸びと働きたい!(写真はイメージです)

転職先でいきいき働いている人60.2% 満足している人63.5%

   この調査は2023年3月2日から5日までの間、転職後半年から1年までの会社員の男女849人を対象にインターネット調査したもの。

(リクルートの作成)
(リクルートの作成)

   はじめに、転職後に「いきいきと働けているか」について質問。「あてはまる」は「22.0%」、「ややあてはまる」は「38.2%」となった。合わせて「60.2%」の人が新しい職場で元気に働くことができていることがわかる。

   つぎに、転職後の総合満足度について聞いた。「満足」(20.6%)、「どちらかというと満足」(42.9%)であわせて「63.5%」の方が転職後の状況に満足しているようだ。

姉妹サイト