2024年 5月 29日 (水)

【2024年卒就活生】就職人気企業ランキング 3年連続1位は三菱商事! 大幅に順位を上げた業界とは?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東大に京大、早慶一橋、旧帝大や東京工業大学などの国内の大学でも上位校にあたる大学生が入りたい企業とは?

   就職支援サービス「ミキワメ就活」を運営するリーディングマーク(東京都港区)は2023年5月31日に2024年卒予定の旧帝大と早慶一橋、東京工業大学の大学生・院生を調査した「2024年卒 就職人気企業ランキング(2ー3月)」を発表した。

   総合と各学校別、文理別のランキングですべて1位を制覇したのは、三菱商事という結果になった。また、全体的な傾向として、上位は伊藤忠商事や三井物産など総合商社や、野村総合研究所やアクセンチュアなど、コンサルティングファームとシンクタンクが占めている。

就職人気企業総合ランキング 上位は総合商社が占めるも コンサルティング業界が順位上げる

   この調査は2024年卒予定の、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京工業大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、九州大学の計12大学の大学生もしくは大学院生2102人を対象に、第一志望企業群(5社まで)をWEBアンケートで質問。有効回答には文系54.8%、理系42.5%、その他2.7%で、男女比は男性71.9%、女性28.1%となった。

   さっそく、総合ランキング100社の順位を見てみよう。

(リーディングマークの作成)
総合ランキング1(リーディングマークの作成)
(リーディングマークの作成)
総合ランキング2(リーディングマークの作成)

   まず、総合商社に注目して順位を見てみると、三菱商事が3年連続で1位に輝いた。文理の違いや男女差に関わらず、どの大学からも人気が高く、志望者の裾野が広がっている。

   2位の伊藤忠商事は、非資源分野を筆頭にした好調な業績や、働き方改革など総合商社のイメージを覆すブランドが奏功した。前年度3位から2位にランクアップした。

   3位の三井物産は、インターンシップを介した通年化採用など、積極的な採用が特徴だ。

   続いて、メガバンクではどうか。三井住友銀行と三菱UFJ銀行は、トップ10以内と前年から引き続き、高い順位を維持した。ほかに、みずほフィナンシャルグループは27位から14位に、農林中央金庫は前年度31位から19位にランクアップ。日本政策投資銀行は16位から20位に順位を下げたものの、系統金融、政府系金融も人気を堅持している。

   IT/通信企業では、楽天は12位から13位に。NTTデータは13位から11位に上昇、NTTドコモも34位から29位に上昇した。49位から33位に順位を上げたGoogleを筆頭に、年々、IT企業を志望する学生層が広がっている傾向がみられるという。

   すでに選考が進んでいるコンサルティングファームの人気も根強い。野村総合研究所は5位から6位に、アクセンチュアは19位から10位にランクアップ、PwCコンサルティングは29位から14位に躍進し、ボストン コンサルティング グループも73位から22位へ、デロイト トーマツ コンサルティングは49位から24位に上昇するなど、大躍進した企業が多く並んだ。

   運輸(陸運/海運/空運)では、JR東海が17位に、日本航空(JAL)が37位、日本郵船が40位、全日本航空が45位、JR東日本が68位、商船三井が71位、JR西日本が71位、になるという堅調に推移した。コロナ規制緩和により空運が日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)を中心に、復調している。

   また、三菱地所(26位)、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ(28位)、三井不動産(29位)、電通(40位)、東急不動産(79位)、森ビル(83位)などの不動産や広告は、ピーク時より人気が下降している傾向だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中