大学発ベンチャーを輩出する大学ランキング 増加数が過去最多で注目度高いが、経営面で課題も(鷲尾香一)

   経済産業省が発表した2022年度の「大学発ベンチャー実態等調査」によると、大学発のベンチャー企業数と増加数は過去最多となった。ただ、経営面での大きな課題も明らかとなっている。

1位は東大、3年連続で300社以上 躍進が目覚ましいのは慶應義塾大学

   2022年度の大学発ベンチャー企業数は、前年度比477社(14.4%)増加して3782社となった。このうち、2021年度末までに未把握だったのが356社、大学との関連がなくなったのが83社、解散等を行ったのが40社あり、22年度に新規設立されたのは244社だった。(グラフ1)

   それでは、どのような大学からベンチャー企業が出ているのかを個別大学ごとに見ると、1位は東京大学で371社となっている。東京大学は3年度連続で300社以上のベンチャー企業を生み出しており、絶対的な1位に君臨している。

   2位は京都大学で267社。同大学も3年度連続で200社以上のベンチャー企業を生み出しており、2位の座を守り続けている。

   躍進が目覚ましいのが慶應義塾大学で、2020年度には90社で10位だったが、2021年度には前年度比で倍近い175社となり5位に上昇し、2022年度には236社で私立大学としては最高位の3位となった。

   企業数が200社を超えているのは4位の筑波大学までで、100社を超えているのは13位のデジタルハリウッド大学まで。2022年度に新たに上位20校入りしたのは、2021年度は26位だった近畿大学の17位、25位だった千葉大学の20位の2校となっている。(表1)

   また、2020年4月に専門職大学として開学した情報経営イノベーション専門職大が2021年度の69位で7社から15社に設立数を倍増させて47位に入った。秋田大学も78位の6社から11社に伸ばして58位に入る躍進を見せた。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
姉妹サイト