2024年 6月 16日 (日)

トルコの伝統菓子「バクラヴァ」人気...老舗専門店の「日本上陸」で注目 中東スイーツブームの予感?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   トルコの伝統的な菓子「バクラヴァ」の人気が高まっている。

   きっかけになったのは2022年11月、東京・銀座の百貨店にトルコの老舗バクラヴァ専門店「ナーディル・ギュル」がオープンしたこと。

   コンビニエンスストア大手のローソンがバクラヴァをイメージした菓子を期間限定で売り出したほか、各家庭でも作られるようになるなど、さまざまな動きが広がっている。

  • トルコの伝統的な菓子「バクラヴァ」(筆者撮影)
    トルコの伝統的な菓子「バクラヴァ」(筆者撮影)
  • トルコの伝統的な菓子「バクラヴァ」(筆者撮影)

超有名店「ナーディル・ギュル」、松屋銀座に国外初出店 半年で14万個売れる

   バクラヴァとは、薄いパイ生地を何十層にも重ね、層の間にピスタチオやくるみなどのナッツをたっぷりはさんで焼き上げたトルコの伝統菓子だ。

   仕上げに甘いバターシロップをふんだんにかけるのが特色で、「世界一甘い菓子」との異名も取る。オスマン帝国時代から中東や欧州で食べられており、世界的にもよく知られたスイーツだ。

   ナーディル・ギュルは1843年創業のバクラヴァ専門店で、「バクラヴァの王様」とも称される。イスタンブールの店舗には1日9000人が訪ねるという超有名店だ。

   これまでは品質などを保つためイスタンブールの1店舗しか持たなかったが、昨秋、東京・銀座の松屋銀座に国外では初の店をオープン。一つひとつ手作りする伝統や職人技が日本で理解されると判断したためだという。

   日本ではほとんど知られていなかったスイーツだが、トルコの有名店が店を開くと、旅行などで食べたことがある人たちを中心に注目が集まった。

   そもそも松屋銀座がオープン前の2021年秋に行ったイベントでは、新型コロナウイルス禍が続く中でも、マスクをした100人以上の行列ができた。昨秋に正式にオープンすると人気はさらに高まり、半年で14万個も売れているという。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中