2024年 6月 17日 (月)

日経平均株価、3万4000円台を試す可能性は? 今週は、パウエルFRB議長の議会証言に注目(6月19日~6月23日)【株と為替 今週のねらい目】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 高値警戒感が強まる展開か オプションに絡んだ売りや利益確定売りもあるか

東京株式市場見通し(6月19日~23日)
日経平均株価予想レンジ:3万3200円~3万4200円

2023年6月16日(金)終値 3万3706円08銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、高値警戒感が強まる展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、10週続伸し、バブル経済崩壊後の高値を更新した。米国のFOMC(連邦公開市場委員会)、日銀の金融政策決定会合というイベントを無事に通過したことが相場の下支えとなった。

   今週の日経平均株価は、高値警戒感が強まる展開となりそうだ。

   大きなイベントや重要経済指標の発表も少なく、手掛かり材料に乏しい取引となりそうだが、これまでの株価上昇速度が速く、上げ幅も大きいことから、高値警戒感が強まっている。

   とはいえ、堅調な地合いを反映し、日経平均株価は3万4000円台乗せを試す可能性は高い。ただ、3万4000円に近づけば、オプションに絡んだ売りや利益確定売りが待ち構えていると見られ、上値は重くなると思われる。

   21、22日にパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言が予定されており、発言内容次第では米国株式市場へ影響が出ることも考えられるため、注目だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中