日本の社長の平均年齢60.4歳...1990年比で6.4歳の高齢化! 差し迫る「事業承継2025年問題」

   社長の高齢化と後継者不足の問題が深刻になっている――。

   帝国データバンク(東京都港区)が2023年6月15日に発表した「全国『社長の年齢分析調査』」によると、全国の社長の平均年齢は60.4歳。社長の引退の年齢は68.8歳で、高止まりしているという。

   同社では、団塊の世代が75歳を迎える2025年の「事業承継2025年問題」に向けて、社長と後継者のバトンタッチの時期を見据えながら、時間的余裕を持った事業承継を勧めている。

  • 社長の平均年齢とは?(写真はイメージです)
    社長の平均年齢とは?(写真はイメージです)
  • 社長の平均年齢とは?(写真はイメージです)

50歳以上の社長80.2% 2017年比で3ポイントの上昇!高齢化進む

   「事業承継2025年問題」とは、団塊の世代が75歳を迎えて日本が超高齢化社会に入ると、中小企業庁などによると、後継者不在が深刻になり、およそ127万社の廃業、約650万人の雇用が失われると指摘されている。

   今回の調査では、同社の企業概要のデータベース「COSMOS2」(約147万社収録)のうち、2022年12月時点における企業の社長データを抽出し、集計・分析した。

(帝国データバンクの作成)
(帝国データバンクの作成)

   それによると、2022年時点の社長の年代別構成比は、「50代」(28.4%)、「60代」(26.6%)、「70代」(20.2%)、「80代以上」(5.0%)となり、「50歳以上」が「80.2%」を占めた。

   2017年時点と比較すると、3.0ポイントアップとなる。

   さらに、80歳以上は「5.0%」で、2017年から1.2ポイントの上昇がみられた。一方で、40歳未満は「3.3%」にとどまり、2017年から0.9ポイント減少している。

(帝国データバンクの作成)
(帝国データバンクの作成)

   一方で、社長平均年齢を業種別でみると、どうなるのか。その結果は表のとおりで、「不動産」が62.5歳で最高となった。80歳以上の割合は「9.5%」に上る。また、「サービス」は58.9歳で最も低かった。

   同社は以下のように指摘している。

「いわゆる『IT企業』が主に分類され若手起業家が多い『パッケージソフトウェア』では56.1歳となり、全体(60.4歳)を大きく下回っている。
また、上場企業の社長平均年齢は58.7歳となった。最年少社長は、VTuberグループの運営などを手掛けるANYCOLOR(東京都港区、東証プライム上場)の田角陸社長(27歳、2022年調査時点)」
姉妹サイト