ハワイに恋して、現地ツアー会社を経営 夢を実現した女性社長のアフターコロナに向けた奮闘記/パイナップルツアーズ・宮崎さえ子社長

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コロナ禍による行動制限が緩和され、街に外国人旅行者の姿が溢れてきた。国内のインバウンド需要は、今後まだまだ増えそうだ。

   ところが、日本人の海外旅行需要の回復は遅れている。

   法務省の出入国在留管理庁によると、2023年3月の日本人出国者数は69万4293人。前年同月の7万678人と比べて882.3%の増加となったが、コロナ禍前の19年3月の193万人と比べると36%にとどまっている(2023年5月17日速報値)。「今こそ海外!」――。観光庁もそう呼びかけて、海外旅行の需要回復に取り組みはじめた。

   日本人の「行きたい海外旅行」で人気の米ハワイで、現地ツアー会社の「パイナップルツアーズ」を経営する宮崎さえ子社長も日本人旅行者を、首を長くして待っている一人だ。

   コロナ禍を乗り越え、ようやく活況を取り戻しつつあるハワイの「現時点」と観光業復活への道のりを聞いた。

  • ハワイ島・マカハの海「西海岸はいま、観光スポットとして発掘している熱い場所」と話すパイナップルツアーズの宮崎さえ子社長
    ハワイ島・マカハの海「西海岸はいま、観光スポットとして発掘している熱い場所」と話すパイナップルツアーズの宮崎さえ子社長
  • ハワイ島・マカハの海「西海岸はいま、観光スポットとして発掘している熱い場所」と話すパイナップルツアーズの宮崎さえ子社長

夢だったハワイでのツアー会社

   「パイナップルツアーズ」を営む宮崎さえ子さんにとって、ハワイ・オアフ島はあこがれの地だ。

「小さい頃から両親にいろいろと海外旅行に連れられて、ハワイには一番よく来てたんですよね。それでもう、中学2年のときに『ハワイで旅行業をして一生過ごしたいな』と思ったんです」

   なぜか――。

「英語もできず、何も知らないところにパッと旅行に来て、そこで雄大でおおらかな米国人の優しさとか、フレンドリーな雰囲気にふれて、現地の人に優しくされて、友だちになってもらったりするとすごくうれしくて。それで私も現地の人になってね、日本から来た人をサポートしたり、困った人を助けるっていうか、お手伝いしたりしたいな、と。本当に心から、ずうっと思ってたんですよね」

   宮崎さんは夢へのきっかけを、そう振り返る。

   23歳でオレゴン州へ語学留学。英語の勉強と旅行業の資格取得を果たし、卒業後も6年間、オレゴン州の旅行代理店でアルバイトを続けた。

「たまたま、アルバイト先のオーナーが、『ハワイ島にレストランを出店するから、ちょっと手伝ってくれないか』っていうので、『ハワイだったら行く行く』みたいな感じで行ったんですけど。なんかこう、遊び半分な気分で。もう毎晩パーティーみたいな......。
3か月ぐらいして、これはちょっとあまりにもマズい。『大丈夫か、わたし』みたいな感じになってしまって。それで、もう一回メインランド(米国本土)に戻ろうと決意。一度、ハワイを離れました」

   ロサンゼルスで暮らし、夢への軌道を修正。そして2010年、ついに念願のハワイ・オアフ島での生活をはじめた。それから間もなくして、現地の旅行会社「パイナップルツアーズ」のオーナーから、「会社の経営権を買い取らないか」という話が舞い込む。

   悩んだ末に、夢だった旅行会社のオーナーになった。

   旅行会社の経営者となった宮崎さんは、その時のことをこう話す。

「自分がハワイに旅行するとき、すごく楽しみだったんですよ。お客様からメールをもらって、『明後日からハワイだから、すごく楽しみです』なんて言われると、私もね。本当に自分が旅行するような気分でうれしくなるんですよ。そんなとき、『私、本当にこの仕事が好きだな』って思う。それだけで、ラッキーだなと思うんです」
姉妹サイト