2024年 6月 19日 (水)

欧州経済減速ショック、日本株4日続落! エコノミストが指摘「ユーロ圏が回復するのは、よくて2年後」「悪いシナリオは、欧州発の世界金融危機」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   欧州経済が、景気後退に入った。ショックを受けた米国株式市場は、2023年6月22日の先週末から続落を続け、日経平均株価も6月27日現在、4営業日連続で下落した。

   しかし、米国を上回る高いインフレが収まらず、欧州の中央銀行が相次いで利上げを加速させ、経済減速に拍車をかけている。

   世界経済はどうなるのか。欧州発世界金融危機が危惧される事態になった。エコノミストの分析を読み解くと――。

  • ユーロ圏発世界金融危機が迫る?(写真はイメージ)
    ユーロ圏発世界金融危機が迫る?(写真はイメージ)
  • ユーロ圏発世界金融危機が迫る?(写真はイメージ)

マイナスに沈んだ製造業に続き、支えだったサービス業まで...

   報道をまとめると、世界的な格付会社「S&Pグローバル」(本社米国)が6月22日(現地時間)に発表した6月のユーロ圏の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が、世界の市場に衝撃を与えた。

   PMIは50.3で、前月の52.8から低下し、5か月ぶりの低水準となった。好不況の分岐点である50をかろうじて上回ったものの、市場予想の52.5を大きく下回った。昨年7月以来、50割れが続いている製造業PMIは、5月の44.8から43.6に低下した。これは新型コロナが世界的に拡大していた2020年5月以来の低水準だ。

   一方、落ち込んだ製造業に代わり、経済を下支えしてきたサービス業にもブレーキがかかってきた。サービス業PMIが55.1から52.4へと一気に下落。製造業の悪化を牽引したのはドイツ、フランスだが、サービス業でもドイツ、フランス、その他ユーロ圏がそろって下押しするありさまとなった。

kaisha_20230627190322.jpg
EU旗と英国旗

   同じ日に「S&Pグローバル」が発表した英国のPMIも、構図は同じだった。

   製造業PMIは47.1から46.2へと50割れが加速した。サービス業PMIも55.2から53.7へと下落。ユーロ圏・英国ともに製造業はすでに景気後退圏に入っており、サービス業の踏ん張りで持ちこたえていたが、いよいよ全体でも景気後退圏に近づいてきた。

   ちなみに、実質GDP成長率では、ユーロ圏は2022年10~12月に前期比マイナス0.1%、2023年1~3月に同マイナス0.1%と、2四半期連続のマイナスを記録、「テクニカル・リセッション」(機械的判定に基づく景気後退)入りしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中