2024年 5月 28日 (火)

【2024年卒就活生】もう終盤、7月1日で内定率8割超! 企業の内定承諾期限が早まった...でも、あきらめず「自分らしく」働ける企業求めよう

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2023年の夏休みを前に、2024年春卒業する大学生や大学院生の就職活動が終盤戦に入ったようだ。

   リクルートの就職・採用関連の研究機関「就職みらい研究所」(東京都千代田区)が2023年7月10日に発表した、2024年卒大学生・大学院生が対象の「就職プロセス調査(2024年卒)『2023年7月1日時点 内定状況』」によると、7月1日時点で早くも内定率が8割超、進路確定率が7割と過去最速水準のペースで進んでいる。ただし、内定辞退者も増えているから、まだまだチャンスは残っている。

内定者、ダントツに高い情報・通信...次いで製造、金融保険業

   調査によると、就職内定率(大学院生を除く)の83.2%は、同じ時点の昨年(2023年卒対象)の83.3%を0.1ポイント下回っている【図表1】。

kaisha_20230711154724.png
(図表1)就職内定率(リクルート就職みらい研究所の作成)

   これは、現行の「6月解禁」の採用活動日程になった7年前の「2017年卒」の調査を開始して以来、過去最速だった昨年に次ぐ2番目の内定率だ。「2017年卒」の7月1日時点の内定率は71.1%だったから、12.1ポイントも上回る早いペースだ。

   内定率を文理別で見ると、「文系」が81.5%、「理系」が87.4%と、「理系」のリードが目立つ。特に「理系」は、6月1日時点から4.8ポイト増加した。男女別では、男性(83.9%)のほうが、女性(82.4%)よりやや高い。6月1日時点では差はもっと大きかったから、ここにきて女性陣の追い込みが目につく。

   内定取得先の業種をみると、情報・通信業が26.3%と、ダントツに高いことが特徴だ。日本政府が「ChatGPT」など生成AI(人工知能)の本格的な開発推進を決めたことに表れているように、ITスキルを持つ人材は世界的に奪い合いが激しく、優秀な学生は早くから海外から誘いの手が伸びるため、IT系企業の選考が早く進むためだ。

   次いで、コロナが落ち着いたことで企業活動が活発化した製造業(機械以外、17.1%)、機械器具製造業(14.5%)、金融保険業(13.7%)、サービス業(13.6%)、小売業(12.2%)などが上位に並んだ【図表2】。

kaisha_20230711154748.png
(図表2)内定取得先企業の業種(リクルート就職みらい研究所の作成)

   内定を取得した企業数をみると、平均2.44社で、前年の2.56社より減っている。内定取得者のうち2社以上内定を取得した学生の割合は64.4%で、前年の62.7%よりやや高い【図表3】。

kaisha_20230711154817.png
(図表3)内定取得先企業数(リクルート就職みらい研究所の作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中