夏休みに「親子ワーケーション」やってみた! 旅先での仕事と休暇の両立...どんな工夫をしたか?【マミートラックに負けない働き方】(入澤あきこ)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   いよいよ夏休みが始まりますね。働くママたちにとっては、いつもより育児や家事が増えて、「覚悟しなきゃ...」という季節の到来といったところでしょうか。今回は、仕事も子育ても楽しく夏を乗り切る「ワーケーション」についてお伝えします!

持ち込む仕事の量を見極める一方、子供の過ごし方を考えておく

   ワーケーションとは、「ワーク(Work)=仕事」と「バケーション(Vacation)=休暇」を組み合わせた造語で、旅先で仕事と休暇を両立させることです。自宅やオフィスとは違う場所で、リフレッシュもしつつ、仕事や学びできると、親子ともに学びが多く一味違った夏休みを過ごすことができます。ここ数年で浸透してきた言葉です。

   私自身は個人で仕事をしているため、全く仕事をしない日はなく、どこに出かけてもワーケーションになるのですが...それは置いといて。今回は、仕事と遊びが半分ずつだった、2泊3日の軽井沢でのワーケーションを例に挙げながらお伝えします。

   まず、計画を立てるうえで考えたいのは、持ち込む仕事の量と子供の過ごし方です。持ち込む仕事は、多くても滞在時間の3分の1~半分程度で終わる量がいいでしょう。あくまでもワークとバケーションなので、遊ぶ時間も計画しておきたいものです。仕事が多すぎると、「締め切りに間に合わなくて焦る」など、精神衛生上よくありませんね。

kaisha_20230711155644.jpg
ホテル内のコワーキングスペースにて

   私の場合は、宿泊中のうち1日は、2時間程度のセミナーを主催するという予定がありました。そこで、その時間とその前後は部屋で集中して仕事ができるような場所とスケジュールを計画する必要がありました。セミナー以外の仕事は、観光の合間にできるよう計画をしました。

   続いて、子供の過ごし方です。当時うちの子供の年齢は、8歳と5歳。下の子がまだ未就学児だったので、未就学児を体験学習などに預けられる先が多くありませんでした。子どもを預けて、大人は仕事という選択肢は持てませんでした。

   そこで、ワーケーション先での過ごし方は、パパと子供で遊んでいる間に、私が仕事をする。または、私が子供と遊んでいる間に、夫が仕事する、という過ごし方でした。そして、せっかく家族で出かけているので、家族みんなで過ごす時間を持つことも大事にしました。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
子育てしながら働く女性のための研究所所長
パーソナルスタイリスト

結婚後夫の転勤で、転勤族の妻として働き方に悩み、好きを仕事にパーソナルスタイリストとして独立。子育てが始まってからの引っ越しで、金なし・仕事なし・保育園なしを経験。会社員としても働くが、子育てとの両立に限界を感じ、100名以上の子育て女性にインタビューし、「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」を出版。テレビにも専門家として出演。働き方の変え方として起業方法を伝えている。法政大卒。
ホームページ https://mamakenkyujo.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/akirisawa1209/
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)他2冊。
姉妹サイト