2024年 6月 16日 (日)

景気後退で「ロスジェネ再来」? 「履歴書100通送って、面接ゼロ!」海外エリートに広がる「就活燃え尽き症候群」(井津川倫子)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   景気後退が指摘される英国や米国で、求人市場のトレンドが変わったと報じられています。

   コロナ禍やアフターコロナの人手不足を背景に、「引く手あまた」だった若手ビジネスパーソンたち。とりわけIT系の求人は「売り手市場」が続いていましたが、ここにきて雲行きが怪しくなってきたようです。

   大規模な人員整理や採用停止の動きが広がるなか、よりよい待遇を求めて強気の転職を繰り返してきたIT系エリート社員でさえ、なかなか次の職が見つからないとか。

   終わりの見えない就職活動に、「もう疲れた!」と嘆く若者が急増しているようです。

「もう転職活動はこりごり!」エリートほど次の職が見つからない...

   コロナ禍で企業がIT化やDX化を推し進めるなか、米国や英国では企業の積極採用が続いていました。とりわけ、事業拡大を続けるIT企業は、若手ビジネスパーソンに人気の転職先として「受け皿」になっていましたが、景気の後退と共に潮目が変わってきたようです。

   2022年までは比較的ラクラクと転職先を見つけていた求職者たちが、最近は応募をしてもなかなか成果が得られないようです。「就職先はいくらでもある!」とばかりに強気の転職活動を想定していたエリートでさえ、あまりにも厳しい現実に「もう就職活動はこりごりだ!」と、疲れ果てていると報じられています。

   メディアでは「job search burnout」(就活燃えつき症候群)というワードを目にするようになりました。

What is" job search burnout"?
(「就活燃えつき症候群」って何?:米メディア)

Why unemployment workers are so burnt out?
(なぜ、求職者たちはこんなに燃え尽きているのか?:英BBC放送)

   英BBCは、度重なる不採用通知と時間の消費に苦しみ、精神的に参って転職をあきらめる若手が増えていると伝えています。たとえば、大手IT企業の採用担当だった女性は、「I was just getting one rejection after another」(次々と不採用通知を受け取っただけ)と、自身の転職活動を振り返っています。

   どんなに履歴書を送っても、なしのつぶて。大企業をあきらめてスタートアップ企業に応募したら、「あなたはオーバースペックだ」と断られるといった状況に心身ともに疲れ果てて、とうとう転職活動から離脱したそうです。

   さらに、同じく大手企業のエリート社員だった男性は、「履歴書を100通出して、面接にたどり着いたのはゼロ」と、想定外の苦戦ぶりを明かしています。この男性は、「コネがない限り、ぜったいに面接には呼ばれないことが分かった」と、就活の不条理さを嘆いていました。

   報道によると、特に就職が難しくなった職種は、マーケティングや広報、そして採用担当職だそうです。景気後退でこれらの職域の予算をごっそりと減らす企業が増えていることが原因ですが、IT企業を中心に、リストラや採用控えによる就職難はかなり長期化するという見通しです。

   IT企業のマーケティングや広報といえば、誰もが憧れるエリート職だったはず。つらい転職活動の果てにようやく次の職を見つけても、以前よりも低い給料、遠いオフィス、条件が悪い職場環境になるケースが増えているそうです。

   肉体労働などのいわゆる「ブルーカラー」職は慢性的な人手不足に悩んでいますが、IT企業の「ホワイトカラー」職などエリート系職種ほど求人環境が悪化している様子。元エリート社員が「job search burnout」(就活燃えつき症候群)に陥る可能性は高いようです。

   もともと、転職に抵抗感が無く、メンタルが強いと思っていた米国や英国のエリート社員ですら、燃えつきてしまうほど厳しい状況なのでしょうか。強気の転職活動が当たり前だった「売り手市場」時代は、終わりに近づいているようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中