2024年 6月 18日 (火)

40~50代の中途入社者が評価する「育成環境が優れた企業ランキング」 3位に日本IBMデジタルサービス、2位に中外製薬、1位は?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   政府の「転職しやすい労働市場改革を促す施策」に、働き盛りのミドル世代の注目が高まるなか、転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京都渋谷区)が、40~50代の中途入社者が評価する「育成環境が優れた企業ランキング」を2023年6月22日に発表した。

   日本の労働市場では、長らく是とされてきた「長く働く、勤めあげる」という概念に大きな変化が起きている。寄せられたコメントからは、終身雇用とリスキリングのあいだで揺れるミドル世代の気持ちがうかがえる。

ランキング上位は「向上心が刺激させられる」企業

   政府の「経済財政運営と改革の基本方針 2022(骨太の方針)」の原案(2023年6月7日公表)によると、「成長分野への労働移動の円滑化」を目的に、個人への直接投資の検討や企業のリスキリング(学び直し)支援、ベンチャー企業への投資といった、さまざまな方針が打ち出された。

   なかでも、転職しやすい労働市場改革を促す施策の一環とした「副業・兼業など多様な働き方の推進」「自己都合退職の失業給付の迅速支給」といった施策には、労働者からも高い関心が寄せられており、特に40~50代の「ミドル層の転職」への注目が年々高まっている。

   今回の調査では、ミドル層でも年功序列に頼らず、経験やスキルでキャリアを切り拓いていける企業を探った。

   40~50代の中途入社者が「育成環境が優れている」と評価した企業を集計したランキングによると、第1位はマーケティングDX事業などのナイル、第2位に中外製薬、第3 位には日本アイ・ビー・エム デジタルサービスが、トップ3だった。【表1参照】

kaisha_20230705152642.png
表 40~50代の中途入社者が評価する「育成環境が優れた企業ランキング」TOP30(オープンワーク調べ)

   TOP3の「人材の長期育成」スコアは4.00超で、充実したスキル育成環境に加え、「若手に負けられない」「自学自習しないと置いて行かれる」向上心が刺激される点をあげる声が少なくなかった。

   ランクインが最も多かった業界は、30社中13社の「Sler、ソフト開発、システム運用」業界だった。充実した研修・人材育成制度は当たり前。「自学しないと置いて行かれる」焦燥感や向上心が自然と湧き上がる環境を挙げる声が多数あった。また、インターネットサービスや通信、化学、コンサルティングといった業界の企業が並んだ。

   オープンワークは、「なぜ自学すべきか?」スキルアップした先に得られるメリットを企業が明示しているかどうかがリスキリング施策の成功のカギ、とみている。

「ランクイン企業の中途入社者が投稿した『働きがい・成長』のクチコミをみると、入社形態を問わず研修育成制度が充実している環境、本業とは直接関係がない内容でも学習支援してもらえる環境を特徴として挙げる声が多く見られました。
加えて印象的なのは、企業から与えられた成長支援環境を持て余すことなく、日々の業務に活かすべく自学自習する姿勢がある様子も多く投稿されていた点です。豊富な研修機会をただ社員に提供するだけでとどめず、社員が能動的にスキルアップをしたくなる、焦燥感や向上心の生まれやすい組織風土があると言えそうです」

   それでは、上位にランクインした企業の中途入社者が、同社が運営する「OpenWork」に投稿した「成長環境」に関する社員クチコミを見てみよう。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中