働きがい「感じられない人」は4人に1人...理由は、評価や給与とのミスマッチ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   現在の仕事は充実してますか?

   総合人材サービスのパーソルグループのミイダス(東京都港区)と朝日新聞社(東京都中央区)は、共催した「はたらく人ファーストアワード」にあわせて、2023年8月2日に「はたらきがいと従来のエンゲージメントサーベイに関する調査」を発表した。

   調査によると、新型コロナウィルス感染症の流行以降「はたらきがい」が多様化していると感じる社会人は81.1%にのぼった(「とても多様化していると思う」(31.1%)と「まあまあ多様化していると思う」(50.0%)の合計)。

   また、はたらきがいの多様化を促進すべきという人の意見では、「一人一人が働きやすくなると思うから」(54.4%)、「さまざまな人に、働く機会が与えられると思うから」(51.1%)などが上がり、一人ひとりにあわせたはたらき方の重要性が高まっていることがわかった。

  • 多様な働き方が認められるように(写真はイメージです)
    多様な働き方が認められるように(写真はイメージです)
  • 多様な働き方が認められるように(写真はイメージです)

働きがいを感じる理由では、「能力や適性を活かせる」、「給与が適切」、「成果が適切」

   この調査はインターネットでおこなわれ、期間は2023年6月26日から29日まで。対象は全国の20歳から59歳男女450人。内訳は経営者150人、取締役会長・代表取締役・取締役・執行役員・中間管理職150人、部長・課長、一般社員150人。

『今の仕事に「はたらきがい」を感じているかどうか』(ミイダスと朝日新聞社の作成)
『今の仕事に「はたらきがい」を感じているかどうか』(ミイダスと朝日新聞社の作成)

   はじめに、今の仕事に「はたらきがい」を感じるか調査した。「とても感じている」は「22.9%」、「まあ感じている」は「51.6%」、「あまり感じていない」が「18.4%」、「まったく感じていない」が「7.1%」となった。「あまり感じていない」と「まったく感じてない人」をあわせると「25.5%」となり、4人に1人が働きがいを感じていないこととなる。

『今の仕事に「はたらきがい」を感じている理由』(ミイダスと朝日新聞社の作成)
『今の仕事に「はたらきがい」を感じている理由』(ミイダスと朝日新聞社の作成)
『今の仕事に「はたらきがい」を感じていない理由』(ミイダスと朝日新聞社の作成)
『今の仕事に「はたらきがい」を感じていない理由』(ミイダスと朝日新聞社の作成)

   続いて、自分の仕事に働きがいを感じている理由を聞いた。それによると、「自分の能力や適性を活かせていること」(26.9%)、「自分の給与が業務内容に対して適切であること」(26.4%)ほか、「自分の成果が適切に反映されていること」(24.7%)、「自分が成長できていること」(24.2%)など、評価・成果主義志向が多かった。

   一方で、今の仕事に働きがいを感じていない理由を聞くと、「自分の成果が適切に評価されていると思わないから」(34.8%)、「自分の給与が業務内容に対して適切だと思わないから」(32.2%)、「会社が従業員を大切にしていると思わないから」(27.8%)という結果になった。

姉妹サイト