2023年上半期の経常収支、8兆132億円の黒字...前年同期11%増 黒字拡大は円高につながるはずだが、円高方向への反転になっていないワケ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2023年上半期(1~6月)のわが国の経常収支が、8兆132億円の黒字になった。前年同期より11.1%増えた。

   ロシアのウクライナ侵攻に伴う資源高で1月には過去最大の赤字を記録したが、その後は5か月連続で黒字を確保し、特に貿易収支が6月に20か月ぶりの黒字に転じ、全体を下支えした。

   先行き、中国が団体旅行を解禁するなどインバウンド(訪日外国人)回復という追い風への期待も高まっている。ただ、6月の貿易黒字額は小幅で、「黒字の基調になったとは言えない」とも指摘もある。

  • 2023年上半期の経常収支、8兆132億円の黒字に(写真はイメージ)
    2023年上半期の経常収支、8兆132億円の黒字に(写真はイメージ)
  • 2023年上半期の経常収支、8兆132億円の黒字に(写真はイメージ)

黒字幅拡大、貿易収支の改善が大きい 貿易収支の赤字幅は、前年上半期から8.3%縮小

   経常収支は海外とのお金の出入りを示す統計で、輸出と輸入を差し引きした「貿易収支」、旅行収支を含む「サービス収支」、外国との投資のやり取りを示す「第1次所得収支」などで構成する。

   財務省が2023年8月8日、2023年上半期の国際収支統計(速報)を発表した。黒字額は8兆132億円となった。

   月次の推移をみると、1月に1兆9081億円の大幅赤字を記録した後は、2月から毎月、2兆円前後の黒字を続け、6月は前年同月から1兆110億円増えて1兆5088億円の黒字だった。

   経常収支の黒字幅が拡大したのは、貿易収支が改善したことが大きい。

   半導体不足の緩和を背景に自動車などの輸出が伸び、上半期の輸出額は前年同期比2%増の47兆4043億円だった。その一方、原油など資源価格の高騰が落ち着いてきたことから、輸入額は0.9%増の52兆5831億円になり、貿易収支は5兆1788億円の赤字だった。赤字幅は前年上半期から8.3%縮小した。

   とくに、6月の貿易収支は3287億円の黒字(前年同月は1兆1048億円の赤字)と、2021年10月以来の黒字を記録した。(末尾の注参照)

   上半期のサービス収支は2兆1220億円の赤字で、赤字幅は前年から17%縮小。内訳では旅行収支の黒字額が1兆6161億円と約13倍になったのが効いた。

   インバウンドが回復していて、23年上半期の訪日客数は1071万人と、コロナ前の19年1~6月の約6割まで戻っている。

   海外からの利子や配当の収入を示す第1次所得収支は、前年比5.4%増の17兆5286億円の黒字だった。証券投資収益の黒字が、米国などでの金利上昇や円安の影響で同21%増えて5兆7277億円になった。

姉妹サイト