2024年 6月 14日 (金)

まさか私が保険営業に?!総務の募集のはずが... それでも「選ばれる」営業となれたワケ【尾藤克之のオススメ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   シングルマザー・資格なし・経験なしの工場パートから、ファイナンシャルプランナーへステップアップした極意とは? 働く女性なら必ず抱えるであろう問題(家族の理解、職場の人間関係など)を、著者の実体験をもとに解決に導く、そんな実践書を紹介します。

『働く女性がしたたかにしなやかに生き抜く仕事術』(下澤純子著) 合同フォレスト

営業募集とは知らずに面接に!

   著者の下澤さんは、大手生命保険会社の入社面接に行ったとき、面接官に「カモがネギしょってきた!」と言われたそうです。カモネギとは、「好都合であること」「獲物がまんまとやって来ること」を意味する言葉ですが、どういうことでしょうか。

「当時はまったく意味が分かりませんでした。『小さいお子さんがいる方大歓迎』という生命保険会社の総務募集の新聞広告をみつけたのです。ここなら自転車で5分もあれば通えると。でも、面接に行ったその職場は何とも不思議な光景でした。中年の女性が自分の席で口紅を塗っている。それぞれの机に鏡が......」(下澤さん)
「事務所の小さな会議室に通されました。『じつはこの求人、総務でなく営業なんですよ』。確かに営業職募集の隣に吹き出しで『同時募集! 総務』と書いてあったけれど。どうやら、私のように総務目的で面接に来た人に営業職を勧める、といった作戦のようで、もちろんこのときにはまったく気が付きませんでした」(同)

   だから、「営業はできないので......帰ります」「話が下手だし、人に保険を勧めるなんて絶対にできないです......」と下澤さんは帰途につこうとします。しかし呼び止められました。

「『総務は2週間の短期募集なんです。それでもよろしければ来ませんか?』 時給1000円か。日給分がおかず代になる! 2週間の間にほかの職を探そう! 総務の仕事に通うたびに通されるのは、面接をした会議室でした。指示されたデータの入力業務は1時間で終わってしまいます。仕事の大半が、所長の研修でした」(下澤さん)
「どうして私にそこまで詳しく研修するのだろう、と思ったこともありましたが、保険の話は、なぜかすんなり私の頭の中に入ってきたのです。そして、自分の加入している保険がとても心配になり、家に帰るとすぐに保険証券を引っ張り出して確認をし、3日目には保険証券を持って出勤していました」(同)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中