【2024年卒就活生】就活にかかるお金平均8万3000円、前年より1割増...背景に、コロナ収束で「対面面接」復活 それでも4年前より4万6000円も低い理由は?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2024年春卒業予定の大学生の就職活動費用は平均8万2905円と、前年より約1割近く増えている。

   リクルートの就職・採用関連の研究機関「就職みらい研究所」(東京都千代田区)が2023年8月31日に発表した「【2024年卒 就職活動TOPIC】 就職活動の費用は増加傾向 対面での選考増加が影響」でわかった。

   コロナが落ち着いて、対面による面接機会などが増えたことが影響しているようだ。

交通費で大きな地域格差、関東の学生は九州の約3分の1

   リクルート就職みらい研究所の調査によると、全国の2024年卒予定大学生の就職活動費用は平均8万2905円と、交通費などを中心に2023年卒(7万5245円)より7660円増加した【図表】。

kaisha_20230901155232.png
(図表)就職活動全体にかかった平均金額の比較(リクルート就職みらい研究所の作成)

   費用の内訳をみると、交通費2万1312円、被服費3万6463円、宿泊費1万8544円、飲食費5783円、書籍費1312円、スキルアップ費2万3431円などとなっている。なお、これとは別に公務員志望の大学生は、公務員試験対策費に12万4993円かかっている。

   2023年卒と比べると、交通費にプラス3757円、宿泊費にプラス4734円かかっていることが大きい。また、対面での選考機会が増えたせいか、被服費も2963円増加した。

   交通費を地域別にみると、落差が激しく、全国平均(2万1312円)を大きく上回っているのは、九州(3万2968円)、中国・四国(2万8457円)、北海道・東北(2万7708円)など。逆に、関東(1万4719円)は一番低い。九州の約3分の1だ。

姉妹サイト