2024年 6月 17日 (月)

ITエンジニアの正社員転職・フリーランス市場動向 2023年6月 「正社員転職求人倍率」12.9倍 求人数も、前年同月比138%の増加傾向 レバテック

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ITエンジニア・クリエイター専門エージェント を運営するレバテック(東京都渋谷区)は2023年8月30日に「ITエンジニア・クリエイター正社員転職・フリーランス市場動向 2023年6月」を発表した。

   それによると、2023年6月の正社員転職求人倍率は12.9倍。求人数は前年同月比138%と増加傾向だという。また、フリーランス案件のうち、最も伸びが著しかったものは「コンサル」で、前年同月比728%。なお、フリーランス案件希望者数も前年同月比で7.6倍と急増しているという。

  • ITエンジニア・クリエイター正社員転職・フリーランス市場の動向は?(写真はイメージです)
    ITエンジニア・クリエイター正社員転職・フリーランス市場の動向は?(写真はイメージです)
  • ITエンジニア・クリエイター正社員転職・フリーランス市場の動向は?(写真はイメージです)

ITエンジニア・クリエイターの転職市場はますます活発化

   同社では、「求人倍率」の定義として、算出式を「求人倍率=求人数÷転職希望者数」としている。「求人数」はレバテックのエージェントサービスで募集中の中途採用求人数で、「転職希望者数」はレバテックのエージェントサービスで正社員転職を希望している利用者数とした。

(レバテックの作成)
(レバテックの作成)

   同社によると、まず、2023年6月の「正社員転職求人倍率」は、12.9倍だった。求人数も、前年同月比138%と増加傾向にあり、求人倍率は依然として高い水準で推移しているという。「政府が『新しい資本主義』を掲げ、構造的な賃上げの実現と労働移動の円滑化を推し進める中、ITエンジニア・クリエイターの転職市場はますます活発化しているといえます」と同社はみる。

(レバテック)
(レバテック)

   スキル・職種別の求人倍率では、最も高いのは「PM(プロジェクトマネージャー)」で32.1倍。次いで、「java(toBシステム開発)」が20.6倍、「クラウド」が19.0倍だった。

(レバテックの作成)
(レバテックの作成)

   一方、フリーランスの状況はどうか。フリーランス案件希望者数・案件倍率のグラフで確認しよう。なお、同社では「案件倍率」の定義として、算出式を「案件倍率=案件数÷業務委託案件希望者数」とし、「案件数」はレバテックのエージェントサービスで募集中の業務委託案件数、「案件希望者数」はレバテックのエージェントサービスで業務委託案件を探しているフリーランスの利用者数とした。

   それによると、2023年6月の「案件倍率」は1.4倍。フリーランス案件希望者としては、前年同月比で155%、2年前の2021年6月と比較した場合では、約3.3倍に成長しているという。

(レバテックの作成)
(レバテックの作成)

   スキル・職種別の案件倍率では突出したものはないが、前月比0.3ポイント高い「python(パイソン)」、同じく前月比0.3ポイント高い「C#/C#.NET」、前年同月比で0.2ポイント高い「動画/オーサリング」は注目度が高いといえそうだ。

   とくに、AI開発やディープラーニング分野の分野で欠かせない「Python(パイソン)」は、同社によると、転職希望者は前年同月比2倍、案件希望者数は同3.9倍の増加となり、人気を見せている。同社は、次のように指摘している。

「レバテックが本年実施した調査では、『エンジニアを志望する学生が仕事で使用したい言語』『社会人エンジニアが今後習得したい言語』共にPythonが1位となっています。Pythonの求人・案件獲得競争は今後も激化すると言えるでしょう」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中