2024年 6月 17日 (月)

時間も、お金もかかる「転職活動」 費用かかるものランキング...3位「履歴書の写真代」、2位「スーツ・服・カバンの購入費用」、では1位は?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   スーツ代や履歴書用の用紙代・写真代など、何かとお金がかかるのが転職活動だ。

   そんななか、ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は2023年9月7日に「転職活動にかかった費用に関する意識調査」を発表した。調査によると、リクルート用の服やカバン、履歴書の印刷代、郵送費など、回答者がさまざまな部分で転職活動の費用がかかったものが上がっている。

   また、転職活動にかかった総額では最多が3万円未満で29.4%。これに対して、10万円未満の人は5.5%、10万円以上の人も1.5%いることがわかり、UターンやIターンで広域の転職活動をすると、その分費用もかかるのかもしれない。

  • 面接合格の連絡はやっぱりうれしい(写真はイメージです)
    面接合格の連絡はやっぱりうれしい(写真はイメージです)
  • 面接合格の連絡はやっぱりうれしい(写真はイメージです)

スーツ代や交通費のかかる転職活動 最近は、オンラインも増えてるというけれど?

(ビズヒッツの作成)
(ビズヒッツの作成)

   さっそく、「転職活動で費用がかかったもの」ランキングをみてみよう。今回の調査によると、1位は「交通費・ガソリン代」で276人。割合では7割ほどとなり、転職活動の負担のメインになっていることがわかる。

   寄せられた声を見てみると――。

●交通費・ガソリン代
・面接のための交通費。県外での最終面接も多く、数万円ぐらいかかりました(27歳 男性)
・交通費。県外での転職だったため車での移動が多く、ガソリン代や高速道路利用料金がかかりました(32歳 男性)
・面接や登録会、またセミナー等に足を運ぶ際の交通費です(42歳 女性)
(ビズヒッツのコメント)「転職活動で必ずかかる交通費。最近ではオンライン面接も増えていますが、最終面接だけは来社するケースも多いです。とくにUターンやIターン転職などを希望しており、遠方での面接が頻繁にある場合は、交通費がかさんでしまいます」

   続いて、2位は「スーツ・服・カバンの購入費用」が134人となった。リクルート用とはいえ、面接での印象を良くするためには体にフィットしたスーツや服を選ぶ必要があり、金額的にも負担は大きいのだろう。

   寄せられた声を見てみると――。

●スーツ・服・カバンの購入費用
・面接用の夏用シャツとパンプス(28歳 女性)
・スーツを用意するのが一番高くついた(32歳 男性)
・面接先に合わせたスーツやブラウスを新調したこと(34歳 女性)
(ビズヒッツのコメント)「スーツ通勤している人なら新調する必要はないかもしれませんが、私服通勤している場合は『転職活動用の服や靴・カバン』をひと通り揃える必要があります。スーツのレンタルサービスもありますが、着用する機会が多く何度も借りているとレンタル費用がかさみます。『面接回数が多い』『転職活動の期間が長い』という場合は、購入したほうが安く済むかもしれません」

   つぎに、3位は「履歴書用の写真代」がランクインし、60人。応募先が多数ある場合には履歴書1枚に対して写真も1枚必要になり、自動撮影機なら数百円から1000円程度だが、印象を考えてフォトスタジオなどでプロに撮ってもらう場合にはそれ以上がかかるため、その出費もばかにならない。

(ビズヒッツのコメント)「セルフ撮影した画像をコンビニで印刷する場合は上記より安くなりますが、やはり印刷代はかかります。応募数が増えて必要な枚数が多くなれば費用もかさむため、負担に感じた人もいるようです」

   このほか、4位は「履歴書用紙・印刷代」、5位は「勉強のための費用」、6位は「履歴書などの郵送費」、7位は「転職エージェントの登録料」などが上がっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中