2023年 12月 1日 (金)

11代目アコード、満を持して登場 ホンダが目指す「セダン復権」の切り札となるか...気になる12月先行予約の動向

   ホンダが2023年9月21日、11代目となる新型「アコード」を発表した。12月から先行予約を始め、2024年春に発売するという。日本の自動車メーカーから伝統のセダンが次々と消える中、新型アコードはホンダが目指す「セダン復権」の切り札となるだろうか。

   アコードは1976年に初代が3ドアハッチバックセダンとして登場。「シビック」の上級モデルとして人気を博し、その後のホンダの発展に貢献したクルマだ。

   50代後半以降のクルマ好きであれば、「アコードのフルモデルチェンジ」と聞けば、気になるに違いない。

   新型は2リッター直列4気筒の直噴アトキンソンサイクルエンジンと新開発の2モーターを内蔵したハイブリッドカーだ。北米や中国では既に発売しており、日本にも満を持して登場することになる。

  • ホンダ、新型「アコード」先行予約の受付を2023年12月に開始予定(プレスリリースより)
    ホンダ、新型「アコード」先行予約の受付を2023年12月に開始予定(プレスリリースより)
  • ホンダ、新型「アコード」先行予約の受付を2023年12月に開始予定(プレスリリースより)

「ロングノーズ・ショートデッキ」の古典的スタイルも、現代風アレンジで新鮮味

   スタイリングは、今どき珍しいロングノーズの3ボックスセダンだ。

   まるで直列6気筒エンジンを搭載しているかのような長いエンジンフード(ボンネット)と短いトランクリッドは「ロングノーズ・ショートデッキ」と呼ばれる古典的なスタイルだ。これをホンダが現代風にアレンジすると、むしろ新鮮に思えるから不思議だ。

   こんな伸びやかでスタイリッシュなセダンは日本車では少なくなってしまった。スペース効率を重視すれば、エンジンフードは短く、キャビン(室内)とトランクを広くとった「トヨタカムリ」のようなセダンの方が使いやすい。

   そんなトヨタのファミリーセダンの代表格だったカムリは、2023年12月下旬に生産終了となることが決まっている。結果的にトヨタの3ボックスセダンは「カローラ」のほか、燃料電池車の「ミライ」ぐらいしかなくなってしまった。

   トヨタはレクサスブランドでは「LS」「ES」「IS」と高級セダンを揃えているが、いずれも販売台数は限られている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中