丸山サタさん

印刷

「東洋の魔女」丸山サタさん死去 「2020年東京五輪まで元気でいて欲しかった」

   1964年の東京五輪女子バレー日本代表の丸山サタ(旧姓、磯辺)さんが2016年12月18日に死去した。72歳だった。

   日本バレーボール協会が19日に発表した。

当時、最年少レギュラーとして出場

   丸山さんは千葉県出身で、当時20歳の最年少レギュラーとして五輪に出場した。当時の日本代表は1961年の欧州遠征で22連勝した大日本紡績(現ユニチカ)の「日紡貝塚」のメンバーを中心に構成され、東京五輪では「東洋の魔女」の異名をとり、金メダルを獲得した。

[続きを読む]

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中