2019年 5月 20日 (月)

小出義雄さん

印刷

「Qちゃんの金メダルは有森のおかげ」 故・小出義雄氏が記者に見せた「叡智の結晶」

   女子マラソン五輪メダリストの高橋尚子さん、有森裕子さんらを育てた小出義雄氏が2019年4月24日、死去した。80歳だった。小出氏は地元千葉県の高校の教員を経て実業団の指導者となり、1992年バルセロナ、96年アトランタ五輪で有森裕子さんを2大会連続でメダルに導き、2000年シドニー五輪では高橋尚子さんが日本女子マラソン初の金メダルを獲得。01年6月に「佐倉アスリート倶楽部」を設立し、女子マラソンをはじめとし、女子長距離選手の指導に当たっていたが、近年は体調が思わしくなく入退院を繰り返していたという。

[続きを読む]

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中