2020年 10月 20日 (火)

岡本行夫さん

印刷

岡本行夫さんはピュアな小説を書き遺していた 巨大魚と老ダイバーの、愛と冒険の物語

   新型コロナウイルス感染症は、日本を代表する論客の命も奪った。外交評論家の岡本行夫氏(享年74)が2020年4月下旬に死去したことが5月8日明らかになった。

   岡本さんは、外務省北米1課長も務めた元外交官で、橋本、小泉両政権で首相補佐官を務め、米軍普天間飛行場返還問題やイラク戦をめぐる外交などに尽力。テレビのコメンテーターとしても活躍し、歯切れのよい論調が時にお茶の間で賛否を巻き起こした。

   論客としての面ばかり目立つ岡本さんには、意外な一面があった。巨大な魚と老いたダイバーが海の中で交流を深めていくというピュアな小説をウェブ上に発表していたのだ。J-CASTニュース編集部記者は、そのいきさつを知る編集者に話を聞いた。

[続きを読む]

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中