2022年 10月 3日 (月)

森英恵さん

印刷

黒柳徹子も「彼女のような女性になりたい」 戦後日本女性のあこがれ背負った森英恵さん

   「ハナエモリ」のブランドで知られ、ファッションデザイナーとして国際的に活躍した森英恵さんが2022年8月11日、亡くなった。96歳だった。

   1960年代から海外に進出。「蝶」をモチーフとしたデザインで人気を博し、日本ファッション界のトップランナーとして走り続けた。まだ女性の社会進出が難しかった時代に、早々と欧米で大成功。知的で気品ある容姿も相まって、戦後の日本女性のあこがれを一身に体現した人だった。

グレース王妃ら世界のセレブに愛される

   1926年、島根県生まれ。東京女子大卒。48年、戦時中に勤労動員で知り合った元主計将校と結婚。主婦となってからドレメことドレスメーカー女学院(現・ドレスメーカー学院)でファッションを学び、51年、友人と東京・新宿に小さな洋装店を開業した。

[続きを読む]

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中