2021年 9月 19日 (日)

もしも電車が「女の子」だったら? 「鉄道擬人化フィギュア」に萌え~

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   もしも秋田新幹線「こまち」が人間だったらどんな姿をしているのか――そんな空想を形にした「鉄道擬人化フィギュア」が話題だ。鉄道だけではない。東京23区をフィギュア化したものや法律を萌えキャラにしたものなど、さまざまモノが擬人化されてネットで公開されている。

「成田エクスプレス」の擬人化フィギュアも販売

寒い地域の服装を身につけている「秋田こまち」 (C)恵知仁/富士見書房/ラナ JR東日本商品化許諾済
寒い地域の服装を身につけている「秋田こまち」
(C)恵知仁/富士見書房/ラナ JR東日本商品化許諾済

   鉄道車両を擬人化したフィギュア「RAIL GIRLS(レイルガールズ)」は2007年12月に発売された。イラストレーターの恵知仁さんが個人サイト「Rail-G Station」で公開していた鉄道擬人化キャラを、キャラクターグッズの企画・製造を手がけるラナがフィギュアにして発売した。

   秋田新幹線を走る「こまち」や成田空港と都心を結ぶ特急「成田エクスプレス」など、JR東日本の実在する車両をモデルにした全5種(各735円)が販売中だ。

   「成田エクスプレス」がモデルとなった「エリーゼ成田」は実車両の車体色をもとにした赤、黒、白の3色を使ったコスチュームを着ている。「こまち」を擬人化した「秋田こまち」は、コートを着てブーツを履いた小柄なキャラクターだ。他の新幹線よりも車体サイズが小さく、寒冷地仕様の「こまち」の特徴をもとにしたのだという。

   鉄道擬人化キャラは、「ぬれ煎餅」で有名になった銚子電鉄も活用。07年8月に発売されたDVD「銚子電鉄を知っていますか?」の中で、「秋田こまち」などのキャラクターが銚子電鉄の現状と今後の展望について説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!