お掃除ロボット「ロボモップ」かゆい所も手が届く!

印刷
モップフレームは直径285ミリ、高さ85ミリ
モップフレームは直径285ミリ、高さ85ミリ

   大作商事は、お掃除ロボット「ロボモップ」の新シリーズ「ロボモップXP」を2008年4月1日から販売している。

   ロボモップは、北欧ノルウェーで発明されたお掃除ロボット。部屋の中を縦横無尽に動き回りながらフローリングや床を掃除する。

   円形のフレームの中央にある直径7センチのボールが回転することで床の上を動き回り、フレームの裏に装着されたダストシートが埃や髪の毛、ダニ・ノミ、糸クズなどを吸着する。高さ9cmの隙間まで入り込み、床や廊下などのほか、普段は手の届かないベッドの下などでも使用できる。

   タイマー(15分・30分・60分)もついているので、外出時や睡眠時などにも活躍する。音が立たないため、夜間でも安心して使用することが可能だ。新たに発売された「ロボモップXP」は、本体カラーが従来のグレーからネイビーブルーとなり、スタイリッシュなデザインになった。

   価格は、5229円(ダストシート5枚付)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中