スパイ向け!?マウス型のUSBメモリー

印刷
見た目は普通のマウスだ
見た目は普通のマウスだ

   アクテブライズは2009年6月10日、マウスをモチーフにしたUSBメモリー「Mouseの皮を被ったMemory」を直販サイトで売り出した。

   マウス型のケースに小型のUSBメモリーを入れたもので、普通のマウスと同じ外観をしている。センサーは内蔵せず、マウスとしては使えない。同社は、悪用はしないでほしいとした上で、「USBメモリーだとは気が付かないのでITスパイの秘密道具としても、使えます。」ともアピールしている。

   USBメモリーの容量が2GB~8GBの3種。価格は4980円~6980円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中