ベンツ「Eクラス ステーションワゴン」がフルモデルチェンジ

印刷
利便性さらに向上
利便性さらに向上

   メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラス ステーションワゴン」をフルモデルチェンジし、2010年2月24日に売り出した。

   セダンに準じた直線基調のシャープなデザインのボディーは全長×全幅が4900×1855(単位はmm)というゆとりあるサイズ。内装は人間工学に基づいて設計されたシートやクロームをあしらったウッドトリムを採用するなどして上質なものに仕立てている。

   荷室の広いステーションワゴンだが、その利便性をさらに向上させるために、レバーの操作で簡単に後席バックレストを倒せる機能や、自動開閉テールゲートなども装備した。

   価格は669万円~1530万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中