圧巻の完成度、メルセデス"史上最高傑作"Cクラス誕生

印刷
新型Cクラスを前にカメラに収まるニコラス・スピークス代表取締役社長兼CEO(右)と上野金太郎代表取締役副社長(30日、都内で)
新型Cクラスを前にカメラに収まるニコラス・スピークス代表取締役社長兼CEO(右)と上野金太郎代表取締役副社長(30日、都内で)
「この新型Cクラスには2000か所以上の新機能追加、改良が施され、"メルセデス史上、最高傑作のC"と言えます」

   メルセデス・ベンツ日本は、約4年ぶりのマイナーチェンジとなる「Cクラス」セダン&ステーションワゴンの発表会を2011年5月30日、東京・港区の泉ガーデンギャラリーで開催。冒頭の言葉は、発表会に出席した同社代表取締役社長兼CEO、ニコラス・スピークス氏が会場に集まった人々に向けて発したものだ。

燃費低減に寄与「7Gトロニック・プラス」設定

   なぜ新型Cクラスが"史上最高傑作"なのか――。それは、その完成度にある。直列4気筒の「C200 BlueEFFICIENCY」「C250 BlueEFFICIENCY」と、V型6気筒の「C350 BlueEFFICIENCY」の5車種が揃うが、トランスミッションは全モデルに燃費低減に寄与する7Gトロニック・プラスを設定。動力性能と低燃費・低排出ガスを両立する新世代「直列4気筒直噴エンジン」を搭載したほか、ECOスタート/機能(アイドリングストップ機能)を装備するなど、燃費を最大で31%も改善した。さらに、「パクトロニック」「アテンションアシスト」「アダプティブブレーキ」といった快適性や安定性を向上させるシステムを採用し、同時にデザイン性や内装の質感も高めている。

価格は魅力的な399万円から

   ここまで向上すれば当然、価格が気になるが、そちらも"史上最高"というわけではなく、ひと安心。上野金太郎代表取締役副社長は、

   「前モデルに比べ、19万円から25万円相当の装備アップにもかかわらず、価格据え置きを実現し、399万円からの魅力的な価格を設定いたしました」と、笑顔を見せた。

   上野副社長のコメント通り、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体のメーカー希望小売価格は、399万円(C200 BlueEFFICIENCYLITE)から700万円(C350 BlueEFFICIENCYAVANTGARDE)までと、"優しい"設定になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中