2021年 9月 27日 (月)

CD不況なのになぜバカ売れ? ガガ様&AKBに潜む「共通点」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

レディー・ガガ
『ボーン・ディス・ウェイ』
通常盤(CD)
UICS-1230
2500円
5月23日発売
ユニバーサル インターナショナル

AKB48
『ここにいたこと』
通常盤(CD+DVD)
KIZC-117/8
3200円
6月8日発売
キングレコード


   5月23日に世界同時発売されたレディー・ガガの3rdアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』は、全世界同時発売直後から売れに売れた。13か国以上のアルバムチャートで1位に輝き、ネット販売も含めた最大の予測では500万枚を突破、本国アメリカで250万枚越えし、日本でもたった1日で50万枚突破!! だそうだ。

   彼女がいち早く東日本大震災支援の声を上げたことと無関係ではないだろうが、それにしても、この日本での数字は構造的なCD不況という中にあってまさに驚異だ。

   ところがこの日本にあって、数字的にレディー・ガガに匹敵する存在がいる。驚きなのだが確かにいる。それがAKB48。

徹底的に作り込んだキャラクター

   本当なら4月に発売が予定されていた、こちらも3rdアルバム(オリジナル・アルバムとしては初)に当たる『ここにいたこと』が、東日本大震災と重なり6月8日に発売延期となっていたが、その初回の出荷枚数が200万枚越えだというのだ。それが本当なら腰が抜けるほどの驚きだ。少し前に「予約70万枚、初回出荷100万枚、最終累計140万枚の予想」と聞いていたのだから。

   そこで、レディー・ガガ、AKB48になにか共通する「売れるファクターはあるか?」と考えてみた。徹底的に作り込んだキャラクターというのは、共通点としてあるかもしれない。

   レディー・ガガは音楽だけでなくファッション界にあっても21世紀最高のポップ・アイコンであり、そのことを自覚し自負している。だから、レディー・ガガは、個人でありながら既に自らをブランドと化し、何物にも代えがたい存在としてポップ・カルチャーに君臨している。1人でガツガツと壁に穴を開けていく。その生き方、言動は世界に大きな影響を与え、2010年には『タイム』誌が世界で最も影響力のある有名人を選ぶ「タイム100」のアーティスト部門第1位に選ばれている。ツイッターのフォロワーも1000万人を越えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!