2019年 9月 17日 (火)

BABYMETALがメタルの先輩たちと共演! 白熱のパフォーマンスを披露

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   海外でも注目を集めている3人組アイドルグループ、BABYMETALが2012年1月9日、東京、Shibuya O-WESTで行われたイベント「WOMEN'S POWER 20th Anniversary」に出演した。

   BABYMETALはさくら学院というグループから派生ユニット「重音部」として生まれたグループ。「アイドルとヘヴィメタルの融合」をテーマにしていて、2011年秋にネットで公開されたMV「ド・キ・ド・キ☆モーニング」が日本だけでなく北米や欧州でも話題となっていた。

「私たち、BABYMETAL Death!」

躍動感あふれるステージングで会場を盛り上げたBABYMETAL。
躍動感あふれるステージングで会場を盛り上げたBABYMETAL。

   今回のイベントは、SHOW-YAやAldiousら女性のメタル系バンド、ミュージシャンが大集合する「メタル女子会」だ。チケットはソールドアウトし、関係者席も大入りの中、BABYMETALは最年少のメタルアイドルとして三番手で出演した。

   荘厳なゴシック風クワイアのSEとともにローブをまとったメンバーが登場する。会場はBABYMETALのイメージカラー、赤のサイリウムでいっぱいだ。

   1曲目「ドキモニ」のヘヴィなギターリフが流れ、3人がローブを脱ぎ捨てるとオーディエンスから大きな歓声が挙がった。サビではSU-METAL(14)のボーカルに合わせて「チョ待って!チョ待って!」の大合唱となる。SU-METALのサイドで踊るYUIMETAL(12)とMOAMETAL(12)の動きもキレキレだ。間奏では3人が気絶するかのようにステージに倒れこむというパフォーマンスもあった。

   「SU-METAL Death!」「YUIMETAL Death!」「MOAMETAL Death!」「私たち、BABYMETAL Death!」と挨拶し、新曲「いいね!」を披露した。「ドキモニ」同様、基本のメロディーはポップなのだがヘヴィネスにエレクトロニカ、HIPHOPなどの要素を盛り込んだ個性的な楽曲だ。

   最後は以前もライブでやっていた「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。こちらはピアノとボーカルのバラード風イントロからアップテンポのギターリフに流れこむ、ドラマチックなメロディック・スピード・メタルだ。サビ部分でSU-METALが「イジメ、ダメ!」と叫ぶ度にオーディエンスが激しくジャンプ。BABYMETALを初めて観るメタルファンも巻き込んで、会場を目一杯盛り上げていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中