2021年 6月 21日 (月)

【バンコク発】ビザ・ツアー参加者は見た! ラオスとタイ国境の街の実態

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   海外へ旅行する際に、必要になるのがビザ。日本人の場合、タイに飛行機で入国した場合、30日間はビザなしで旅行を楽しむことができます(陸からの入国の場合は15日間)。それ以上の滞在はビザが必要となります。

【タイで発行される主なビザ】

・観光ビザ (Tourist Visa) シングル(90日)とダブル(180日)があります
・就学ビザ (Non-Immigrant Visa 『ED』: Non-ED)
・商用ビザ (Non Immigrant Visa『B』 : Non-B)
・その他(家族ビザ、老後永住) (Non-Immigrant Visa『O』 : Non-O)労働者の家族やロングステイビザ、タイ人の配偶者やその子供のビザなど

ビザが切れそう…。そんな時はビザ・ツアーへGO!

国境前に列をなすビザ・ツアーの車
国境前に列をなすビザ・ツアーの車 オープンを待つタイ側国境入口
オープンを待つタイ側国境入口

   ビザが切れたらどうするか。国外へ退去です。

   ただ、もう少し長くいたい、ビザの切り替えの間もタイに留まりたいなど、さまざまな理由でビザを延長したい時に便利なのが、現地の旅行会社が企画しているビザを取るためのツアー「ビザ・ツアー」です。

   ビザを持っている際に気をつけたいのが、リエントリー(再入国許可)。空港を出る際に、必要な手続きを踏まないと、現在もっているビザが失効してしまいます。そんな人いないだろう……と思われるかと思いますが、私、うっかりやってしまいました。(空港での手続き時間に間に合わなかったのです。朝6時~24時まで!)そこで急遽、観光用のビザを申請する羽目に……。

   日曜~火曜日の3日間をかけ、ラオス・ビエンチャンへのビザ・ツアーに参加してきました。

   なぜラオスなのかというと、タイ国内ではビザの申請ができないからです。一度海外に出て、海外にあるタイの領事館に申請しなければいけません。なぜか? それは、タイに入国する前にビザを申請する必要があるため…のようです。

   ということで、参加したラオス・ビエンチャンへのビザ・ツアーの様子をお伝えします。

【プロフィル】
美濃羽佐智子(みのわ・さちこ)
出版社の編集を経てフリーの編集・ライターに。旅・フード・ファッションをフィールドに活動。現在はタイと日本を往復しながら、タイの面白いこと、美味しいことをさまざまなメディアに寄稿中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!