2019年 12月 7日 (土)

カツカレーは脳も運も鍛える?! 安倍新総裁「高級カレー」騒動で「再発見」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   自民党の安倍晋三・新総裁が食べたという「3500円カツカレー」(会場費込みの「特注」で、正確な値段は不明のようだが)の味を確かめたJ-CAST記者によると、たしかにおいしかったそうだ。しかし、値段が高ければいいというものでもあるまい。安くても、うまいカレーはある。食欲の秋、あなたにとって、おいしいカレーとは。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

カレーライスは頭がよくなる食べ物か

『なぜ、東大生はカレーが好きなのか 脳を鍛える最強の食事術』
『なぜ、東大生はカレーが好きなのか 脳を鍛える最強の食事術』

『なぜ、東大生はカレーが好きなのか 脳を鍛える最強の食事術』

   東大に入学した著者は、頭のよさそうなクラスメートに限ってカレーが好きだということに気づいた。特に優れた天才クンが行きつけの渋谷のカレー店の味は格別だった。そんなことから、カレーは頭がよくなる食べ物というイメージを持つようになった。それから30年近く経て、テレビやラジオで活躍する人気ドクターとなった著者が最新の研究成果をもとにカレーの素晴らしさを追求したのが祥伝社の『なぜ、東大生はカレー好きなのか 脳を鍛える最強の食事術』(著・吉田たかよし、1365円)だ。

   秘密はカレーに含まれるクルクミンで、脳を活性化させたりアルツハイマー病を防いだりする効果があるという。安くて、早くて、うまいだけでなく、カレーは人生を満喫させてくれるベストパートナーだと説く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!