2020年 8月 9日 (日)

【書評ウォッチ】優等生には出せない「ヘタウマ」の魅力 岡本太郎、立川談志、ピカソまで

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   何事も上手と下手だけではないぞ。別にオモシロいという第三の尺度・基準・感覚があるじゃないか。ユーモラスでシャープ、意外性もたっぷりの似顔絵で広く知られる山藤章二さんが『ヘタウマ文化論』(岩波新書)を著した。

   江戸庶民文化から岡本太郎、立川談志さらにはピカソまで、芸術家・創造者のエピソードを交えて展開するサブカルチャー談義。「近頃、日本人がヘタになっている」と嘆きながらも、単純にウマいだけではない芸と文化のオモシロさを読み解いた。【2013年5月5日(日)の各紙からI】

優等生から飛び離れた個性と独創

『ヘタウマ文化論』(岩波新書)
『ヘタウマ文化論』(岩波新書)

   「ヘタ、ウマい、オモシロいの3つの極を交錯させながら、著者はヘタウマ文化論を縦横無尽に繰り広げていく」と、毎日新聞で評者・井波律子さん。「ただウマいだけでは評価されない複雑な時勢を、つれづれなるままに論じる」と読売新聞も文庫新書欄で。人は上手になることをめざしてきたはずだが、それを超えた尺度を持ち出した発想が反響を呼んでいる。

   ヘタでもなく、ウマいかと問われるとどうも疑問だが、それでも妙に心に残る。こういうヘタウマの芸や芸術がいつから定着したのか。実は、江戸庶民文化から日本には息づいてきたと山藤さんは考える。してみると、なにも市民とは無縁な、難しい芸術論ではない。

   で、大いなるヘタウマ文化の実践者を山藤さんはあげていく。江戸期なら蜀山人、写楽、歌麿、十返舎一九など。優等生的なウマさからは限りなく飛び離れた個性と創造の世界だ。

   それはピカソにも通じるという例がわかりやすい。正確なデッサン力をもつピカソは、写実にとどまることなく対象を変形し、想定外の造形を創り出していった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!