2021年 6月 13日 (日)

霞ヶ関官僚が読む本
江上剛氏の「俺、まだやれる」に共感 マラソンがくれた生きる勇気と脱メタボ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「心からの応援歌が欲しいのだ」

   本書を通じて、繰り返し語られるマラソンの最大の効用は、「俺、まだやれる」と自信がつくことだ。特に、厳しい状況にあるときほど、マラソンから教えられることは多いし、大きい。

   「このまま、どうなってしまうのだろう――正直、不安で不安でたまらなかった。暗く考えれば、どうしようもなく暗くなる。そのうち電話の音が鳴ると、心臓がキュウと締めつけられるように痛むようになった。しかし、私はそれを振り払うように毎朝、走っていた。走らないと、たまらなかったのだ」。

   共に破綻処理に携わってきた社外役員の同僚が自殺した。「誰でも、生活基盤を大きく揺るがすような事態に直面すると、どこかに消えてしまいたいという気持ちになる。死んだら楽になれる――そう思う時があるのだ」、「気がつくと、我が身は電車の車輪にずたずたに切り裂かれているのだ。遺書もない。人は覚悟して自殺するのではなく、ほんの軽い思いつきで、今の苦しみ、悩みを解消したくて死を選ぶのではないか」、「うつ病になってもおかしくない状況でマラソンに救われた。同じリズムを刻んで走ると、脳が適度に刺激され、心が落ち着いてくる」。

   「若者も私たち初老の人間も、誰もが彼もが閉塞感と絶望の前にたたずんでいる。心からの応援歌が欲しいのだ。そんな時、マラソンを走ってみると、42.195キロという、なんだかとても中途半端な距離なのだが、それが人生のように思えてくる」、「諦めるな、ゴールは近い、みんなガンバッテルじゃないか――自分への応援歌が聞こえてくる。スタートがあり、必ずゴールがある。この道をずっと進めば、必ずゴールがあるのだ」。

【霞ヶ関官僚が読む本】 現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で、「本や資料をどう読むか」、「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!