危ないときはブザーで警告 日本気象協会「携帯型熱中症計 熱中くん」発売

印刷

   日本気象協会は、デザインファクトリーと共同企画・開発する「ライフサポートチェッカーシリーズ」のマスコットキャラクター『熱中くん』をモチーフにした新商品「携帯型熱中症計 熱中くん」 を、2014年6月3日に発売した。

10分毎に自動計測する見守り機能も

白、ピンク、青の3色を用意
白、ピンク、青の3色を用意

   「熱中くん」はボタンを押すだけでその場の気温と湿度から、日本気象協会独自の計算手法で熱中症指標値(WBGT=近似値)を算出し、熱中症の危険度を5段階(「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」) に分け、LEDライトで表示する。

   また、「厳重警戒」「危険」のときは、LEDライトの表示だけではなく、ブザーが鳴って注意を喚起する。

   10分おきに自動的に計測して知らせる機能(見守り機能)が付いており、自分では気づきにくい環境の変化も教えてくれる。

   カラーは白、ピンク、青の3色。価格はオープンで店頭では2100円前後で販売されるとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中