2020年 8月 9日 (日)

【BOOKウォッチ】
ワインが飲みたくなる もう一つの「青い鳥」の物語

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   インコブームがやって来た。飼った人にしか分からない「インコ臭」のするアイスクリームや香水が人気を呼び、表参道には「猫カフェ」ならぬ「ことりカフェ」がオープンした。今、多くの人を惹きつける小鳥の魅力って何だ?

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」https://books.j-cast.com/でも特集記事を公開中

飼い主だけに見せる表情をプロカメラマンが激写

インコのおとちゃん
インコのおとちゃん
『インコのおとちゃん』

   犬猫なら分かるが小鳥とは意思疎通ができないと思っていた。だが、それは誤解だったようだ。少女マンガのようなキラキラの瞳で好物をおねだりしたかと思えば、時には誰も寄せ付けない厳しい表情を見せる。パイインターナショナルの写真集『インコのおとちゃん』(著・村東剛、1296円)を開けば、レンズ越しに飼い主と会話をする小鳥の姿がある。ブログがきっかけとなって出版されるペット写真集が多い中、本書はその域を超える。なぜなら、おとちゃんの主はプロカメラマンなのだ。羽毛の流れがつぶさに見てとれるクローズアップや、美しい羽を広げる一瞬をとらえたショットは、コザクラインコを宝飾品のように思わせる。東京では8月18日から9月14日まで八重洲ブックセンター本店(中央区)で写真展が開かれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!