人を堕落させる部屋着 「ダメ着」は楽チンなだけじゃない、意外なメリットもあるぞ!

印刷

   忙しい現代社会、家で一人でいる時くらいは思う存分ダラダラしていたい...と思う人も少なくないだろう。

   そんな人を極限まで堕落させる部屋着、その名も「ダメ着」が今話題だ。「人をダメにする」ほど楽チンすぎるウエアらしいのだが、購入者からは意外なメリットの報告も寄せられている。

  • 見た目は衝撃的だけど…
    見た目は衝撃的だけど…

着たままトイレも済ませちゃう

   「ダメ着」は、アイデアグッズブランド「BIBI LAB(ビビラボ)」が2015年9月15日に発売した部屋着だ。ゆるゆるのサイズ感や締め付けのなさが「全裸のような開放感」を演出するほか、かぶるだけで目元が隠せる「寝落ちマスク」、ヒップ部分に大きくカーブさせたファスナーを付けた「着たままトイレシステム」などを採用。とにかく「楽すぎる」仕様になっている(参考:部屋での「寝落ち」を応援する室内着 ビビラボ、堕落した人のための「ダメ着」発売)。

   この「ダメ着」、テレビ番組や、ヴィレッジヴァンガード オンラインストアの公式ツイッターアカウントの紹介などでにわかに話題に。

   これを見た人からは、「なんぞこれ笑」「これはひどい!(褒め言葉)」「お尻の部分ワロリンwwwwww」など面白がる声のほか、「着たままトイレシステム気に入った!ちょっと欲しいかもー」「いま欲しいものランキング上位」と、「欲しい」という声も上がっている。

節約にもつながる

   実際に購入したという人も続出しているようだ。ツイッターでは、

「ワンピース型だから腰の締め付けが無いのがすばらしい」
「ケツにファスナーあるからトイレもできる 神だわ」
「横着者には最高な部屋着です」

など、やはりその楽さに高評価が集まっているが、その上「話題のダメ着を着てみた。あったかい」「暖かいっす」と、季節の変わり目にはうれしい機能もあるよう。

   「ダメ着」には、フリース素材でできた姉妹品「冬のダメ着」も存在するが、こちらも購入者が着てみた感想をツイッターで報告している。

「Amazonで六千円程するけど暖房代けちれるぞこれ」
「ガチでこれで暖房費1万は変わる」

と、冬の電気代が節約できるというメリットがあるようだ。

   極限までダラダラできるというだけでなく、節約にもつながりそうな「ダメ着」。見た目さえ気にしなければ、この秋冬の部屋着にもってこいかも?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中