2020年 12月 5日 (土)

山本昌、亀田興毅の引き際とは 「終わり方」の美学について考え

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   今月(2015年10月)、プロ野球選手で最年長だった山本昌投手(50)がマウンドを降り、ボクシングの亀田興毅選手(28)も現役引退を表明した。どんな仕事であれ、現役を辞めるのは難しい。悔いなく笑顔で去って行く人もいれば、「老害」といわれても権力の座にしがみついている人もいる。それぞれの人生の引き際について考えてみたい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中

  • 引き際の美学
    引き際の美学
  • 人生に、引退なし―65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方
    人生に、引退なし―65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方
  • 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
    金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
  • 引き際の美学
  • 人生に、引退なし―65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方
  • 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

醜悪を見せる政治家や財界人

   「人間、引き際が大切だ。いかに成功をおさめようとも、いい仕事をしようとも、最後次第で台無しになってしまう」。その通りだ。「最近、無様な醜態を見せる政治家や財界人を見かけることが増えた」。これもその通り。

   『引き際の美学』(著・川北義則、778円、朝日新聞出版)は、『男の品格』や『みっともない老い方』で知られる川北義則氏の一冊である。いまの日本では、我欲に走り過ぎた結果、辞め際、去り際、別れ際、引き際がきれいでなくなっていると嘆き、人生における「終わり方」を指南する。見事な例として、アメリカの鉄鋼王、アンドリュー・カーネギーや日本の本田技研工業(ホンダ)の創業者、本田宗一郎を挙げる。

   男と女の別れ際についても「男なら未練があっても忘れろ」「大人の男と女に別れの言葉はなくていい」と説く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!