2020年 12月 5日 (土)

勝ちさえすればいいのか 日本には「戦いの美学」がある。

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   宮本武蔵と佐々木小次郎が関門海峡の巌流島で決闘をしたのは今から404年前の慶長17年(1612年)4月13日といわれる。今は刀剣を持って命をやり取りすることはないが、ビジネス社会では厳しい戦いが繰り広げられている。スポーツもそうだが、勝ちさえすればいいのか。古来、日本には正々堂々と戦うべしという美学があった。新入社員の皆さんはどう思うか。戦いのあり方について紹介したい。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

常に戦う気持ちを持っているか

日本人の闘い方
日本人の闘い方

   兵法といえば、中国春秋時代に書かれた『孫子』が有名だが、日本にも900年以上前に兵書があった。平安後期の学者、歌人として知られる大江匡房によって書かれた『闘戦経』である。『日本人の闘い方』(著・齋藤孝、1512円、致知出版社)は、マスコミでも活躍する教育学者の著者が『闘戦経』を現代人がどう読み、どう役立てるか、分かりやすく解説したものだ。

   「ただ勝てばいいというものではない。どのように勝つか。正々堂々と闘うのが日本人の闘いである」と大江匡房は説く。

   「心に『武』を秘めているか」から始まり「常に戦う気持ちを持っているか」「知識や技術が骨身にまで達しているか」「自分の得意技に徹しているか」「剛毅なる心を持っているか」と現代ビジネスパーソンに贈る53の心得が並ぶ。日本の武の精神を改めて語りかけてくる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!