2018年 7月 20日 (金)

PS4/PS Vitaの新作ゲーム「ワンピース バーニングブラッド」 テレビCMにあの隠れキャラが出現!?

印刷

   ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は2016年4月11日、ゲーム機「PlayStation4」(PS4)/PlayStaiton Vita(PS Vita)向けゲームソフト「ONE PIECE BURNING BLOOD(ワンピース バーニングブラッド)」のテレビCMを放送開始した。CMは「老人と海 ハンコック乱入編」と「老人と海 ゾロ乱入編」の2種類があり、PlayStation公式YouTubeチャンネルでも同じ映像が見られる。

   「ワンピース バーニングブラッド」は、4月21日にバンダイナムコエンターテインメントから発売された。キャッチコピーは「我が家に大海賊時代到来!」。人気コミック・アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の世界観をゲームに再現したもので、世代を越えて家族みんなでワイワイ盛り上がれる。

   両編とも実写がベースになっている。登場人物は老人=祖父と孫、愛犬、さらに「ハンコック乱入編」では母、「ゾロ乱入編」では父がそれぞれ加わる。主人公・ルフィに相当する人物が孫ではなく祖父で、「海賊王におれはなるっ!!」と叫ぶシーンがほほえましい。さらに原作コミックのファンにはおなじみの隠れキャラも登場している!?

  • 謎のキャラが映るのはこの直後
    謎のキャラが映るのはこの直後
  • 「ワンピース バーニングブラッド」のパッケージ。左からPS4用、PS Vita用。(c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
    「ワンピース バーニングブラッド」のパッケージ。左からPS4用、PS Vita用。(c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

正体はパ○○○ンか?

   繰り返しその映像をチェックすると、いわゆる「オチ」の場面で謎の人影が映り込んでいるのに気づく。その人物にピントが合っていないため、ぼんやりとしか見えないが――。

   問題のシーンは27秒あたりだ。埠頭(ふとう)でバトルを繰り広げる祖父と孫に、数メートル離れた位置で母または父が声をかける。その奥に2人の人影が映っている。1人は釣り人のようだが、もう1人は立ちポーズでカメラの方を向いている。彼は異様なオーラを放っていて、腕と脚は黒で胴体は白。頭部も白い。白髪にしてはボリュームがとても多いし、ヘルメットの形とも異なる。

   これはもしかして――ワンピースの隠れキャラ「パンダマン」ではないか!?

   パンダマンは動物のパンダの頭をした超人だ。作者の尾田栄一郎さんによると「レスラー」だそうで、コミックのコマの中にひょっこり登場する。普通に読んでいると気づかないレベルで、発見に喜びを感じるファンもいるほど。

   CMの謎の人影は、本当にパンダマンなのか。気になるワンピースファンは、公式YouTubeチャンネルにアクセスして、自分の目で確かめよう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中