2020年 10月 1日 (木)

「タレントプール」で就活・転職のスレ違いを解消 Talent Cloudが目指す「新しい人材採用の形」

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   2016年5月に設立された「Talent Cloud(タレントクラウド)」(東京都千代田区)は、企業の採用活動に「タレントプール」という考え方を導入した新しい採用管理システムを提供している。従来の採用方法では難しかった、企業と求職者が継続的に関係を持ちながら、両者にとって適切なタイミングでリクルーティングを行うことができる仕組みだ。

trend_20160915111632.jpg

   「タレントプール」は欧米などでは広く知られているが、日本ではまだなじみが薄い。一体どんなシステムで、企業と求職者にとってどんなメリットがあるのか。タレントクラウド代表の寺師岳見社長に話を聞いた。

長期的な採用活動で、企業と求職者のすれ違いを解消

タレントプールって何?
タレントプールって何?

   現在日本での一般的な採用活動は、企業が一定期間中に求人募集をかけ、「採用」か「不採用」の結果通知をもって完結する場合多い。しかし実際には企業側が

「魅力的な人材だが、今回は採用を見送らざるを得ない」

というジレンマを抱えていたり、有能な人材が

「この企業に興味があるけど、今は募集を行っていないから」

という理由で他の企業に流れてしまう、といったすれ違いが頻繁に起きている。

   タレントプールは、このように「縁と運」に左右されがちな採用活動を改善し、企業と求職者が互いにとってベストなタイミングで雇用契約を結びやすくするためのシステムだ。

   大まかな流れとしては、まず企業が「タレント登録」という機能がついた「自社の採用専用サイト」を作成する。求職者はタレントプールを受け付けている企業にタレント登録することで自身の経歴などの基本情報を企業に提供し、その企業から採用に関する活動の情報を随時受け取ることが出来る。

   タレント登録の期間に制限はなく、求職者が登録を解除しない限り継続的に企業との関係が続く仕組みになっている。企業はタレントプールの登録者が自社に対してどんなアクションを起こしたか、といった情報を詳細に管理し、適切なタイミングで必要な人材へとアプローチをかけやすくなるというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!