2020年 12月 5日 (土)

トイレ掃除をするとお金が入る 世界の3分の1にはトイレがない現実

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   世界の20億人以上はトイレを持っていない。多くの子どもたちが不衛生のため命を失う。国連は地球規模の深刻な問題として、3年前の2013年に11月19日を「世界トイレの日」と制定した。日本ではこれより早く30年前の1986年に「いいトイレ」の語呂合わせで11月10日を「トイレの日」としている。「トイレ掃除をすれば、金運が上がる」。そんな話もあるが、世界的には切実な課題だ。今回は、トイレにまつわる3冊を紹介した。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

サソリやヘビに命の危険も

『国際協力 トイレ修行学』(監・神馬征峰、文芸社)
『国際協力 トイレ修行学』(監・神馬征峰、文芸社)

   「紙もない! 水もない!そもそもトイレがない!」。これに比べると、日本のトイレは世界の中で最も恵まれた環境といえるだろう。

   『国際協力 トイレ修行学』(監・神馬征峰、文芸社、1080円)は、JICA(国際協力機構)や青年海外協力隊の人たちが体験した海外のトイレ事情を報告したものだ。

   小石、ロープ、コップ、トウモロコシ、葉っぱ、木の幹。これらはいずれもお尻を拭いたり、洗ったりするために使われるモノ。「所変われば品変わる」というが、想像を超える。時にはサソリやヘビ、あるいはブタに命の危険を感じながら用を足さなくてはならない。「驚いた」「困った」羞恥心を捨てて書き残した貴重な記録とエッセイだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!