もっとも低音を出す金管、チューバをソロに迎えた「チューバ協奏曲」

印刷

   協奏曲、というと、大オーケストラをバックに独奏楽器がヴィルトオーゾのテクニックを披露してその魅力を余すところなく披露するクラシック音楽の花形ジャンルです。ピアノ協奏曲やヴァイオリン協奏曲は名曲が数多くありますが、今日の1曲はものすごく珍しい楽器がソロになった曲です。オーケストラで活躍する最も低音を出す金管楽器、チューバが独奏の「チューバ協奏曲」、作曲したのはイギリスの近代の作曲家、レイフ・ヴォーン=ウィリアムズです。

  • チューバ協奏曲の出だし、第1楽章前奏曲の楽譜
    チューバ協奏曲の出だし、第1楽章前奏曲の楽譜
  • 人気の高い第2楽章「ロマンス」
    人気の高い第2楽章「ロマンス」

ロマン派中期以後はチューバのみ

   チューバというのはラテン語で、英語になるとチューブ、ですから「管」そのもの名前です。管というならば金管楽器すべて、そして木管楽器もみんな「管」なわけで、なぜチューバだけが「管」という名前になったかというと、もともと発明時点では、「バスチューバ」と呼ばれていたからです。ピアノフォルテと呼ばれた楽器が、現代ではピアノと呼ばれているように、バスが省略されてしまったのですね。

   金属加工技術が進化し、金管楽器にもバルブとよばれるキーによって管の長さを変えることができる機構が搭載されると、それまで演奏者の唇のみによって音程を変えていた金管楽器は一気に実用的になり、管弦楽にもどんどん使われるようになります。

   チューバの先祖としては、木で作られたセルパン(これは「蛇」という意味のフランス語です)やオフィクレイドという楽器がありましたが、チューバは登場するや否や一気に金管楽器低音担当の楽器としてメジャーになります。これは、金管の先輩...トランペットやホルンといった楽器が、バルブがない時代から細々と改良を重ねて使われてきたのにくらべ、19世紀前半とかなり後になってからドイツの軍楽隊で発明されたチューバは最初からバルブ搭載で能力が高く使いやすく、ほかの「改良進化楽器」を駆逐してしまったからだと思われます。事実、クラシック音楽のロマン派の初期までの作曲家の作品では、チューバ以外の低音管楽器が指定されることがありましたが、ロマン派中期以降はほぼ「チューバのみ」という状況になります。それだけ、発明時点から完成度が高い楽器でした。

   しかし、そんなアンサンブルで重要な役割を担うようになったチューバも、「独奏楽器」としての活躍は、かなり遅れました。新しい楽器に専門の奏者が育つのに時間がかかったということと、現代の小学校などでの音楽鑑賞教室でも「ユーモア担当」となりがちな、どことなくユーモラスな音を奏でる...本当はそれは「ふくよかな音」なのですが...チューバという楽器が、ソロ楽器としてのイメージが湧かなかったからかもしれません。

82歳で書いたチューバの魅力を引き出した曲

   ロマン派の時代まで、オリジナル作品が少なく「音楽後進国」ととらえられていたイギリスに、19世紀後半の近代以降、優れた作曲家が次々と現れます。エルガーなどと並び称される作曲家、ヴォーン・ウィリアムズは幅広いジャンルの作品を残し、イギリスの近代音楽に重要な貢献をします。協奏曲の分野では、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、といった定番の楽器をソロとしたもののほかに、ヴィオラで2曲、ハーモニカ、そしてチューバを独奏に指定した作品を残したのです。若いころトロンボーンを学んでいたことのあるヴォーン=ウィリアムズは、チューバに親しみを感じていたのかもしれません。

   彼がこの史上初めてのチューバ協奏曲を書いたのは、82歳の時でした。時はすでに1954年、第2次大戦が終わってほぼ10年になろうとしていた時でした。それだけ、チューバの独奏的作品が作られるのには時間がかかったわけですが、数々の名曲を残した老練なヴォーン=ウィリアムズが書いたこの協奏曲は大傑作となり、チューバの欠かせないレパートリーとなりました。チューバの太い低音から、どことなく甘さやせつなさを感じさせる高音までを縦横無尽に使い、オーケストラだと「縁の下の力持ち」と思われていたチューバの幅広い魅力を引き出したこの曲を聴くと、チューバの能力の高さに驚かされます。

   特に、チューバ以外の独奏楽器...ファゴットやチェロで独奏パートを演奏してもよい、と指示されている第2楽章「ロマンス」は、イギリスの古い音楽にも造詣が深かったヴォーン=ウィリアムズならではの歌心と雰囲気が満載で、この曲の人気を高めるのに重要な役割を果たしています。

   (以下情報)この曲が聴ける機会があります。

   ● 私がプレゼンターを務めるクラシックラジオOTTAVAの主催する、2月18日(土)15:00~のサロンコンサートでは、チューバ奏者の橋本晋哉さんをお迎えして、ピアノは私で演奏します。

   詳しくは以下のリンクをご覧ください。ネットでお申し込みができます。

   https://ottava.jp/salon/form2.html

   ● 私が支配人(司会者)を務める NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」の2月12日(日)20:20~20:55の放送(2月17日(金)9:20~9:55再放送)では、チューバ奏者の金宇浩さんをお迎えしますが、ここでもヴォーン=ウィリアムズのチューバ協奏曲 第2楽章 ロマンス が演奏されます。

   http://www4.nhk.or.jp/nova/

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中