2020年 9月 21日 (月)

知ってた築地市場? ベスター先生とは
マグロ解体ショーと刑務所の関係とは

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   東京都中央区の築地市場が宙ぶらりんになっている。2016年11月に江東区の豊洲市場に移転する計画だったが、土壌汚染の不安が解消されないため、いまだに先行き不透明だ。なぜ、そんな豊洲を移転先に決めたのか、用地取得に問題はなかったのかと、改めて責任論が出ている。東京都議会は強制力のある百条委員会を設置し、2017年3月に元都知事の石原慎太郎氏らを証人喚問する予定だ。ともあれ、築地市場は今のところ、今の場所でしばらく残る。今回は築地市場をもう一度振り返り、歴史や文化、これまでの役割などについて考えてみたい。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

喰って帰るだけじゃもったいない

『築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」 』(著・生田與克、冨岡一成、大修館書店)
『築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」 』(著・生田與克、冨岡一成、大修館書店)

   いつ頃からか、築地市場がグルメスポットと呼ばれるようになった。大勢の観光客が路地の飲食店に列をなす。「うまい魚を喰って帰るだけじゃもったいねぇ。独特の文化に触れてほしい」。そう呼び掛けているのが、『築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」 』(著・生田與克、冨岡一成、大修館書店、1512円)。

   著者の生田與克氏は東京・月島の生まれでマグロ仲卸商の三代目。仲卸場内で使われる隠語や河岸の専門用語を解説する。「独特の粋と意気を肌で感じるために押さえたい基本138語」「魚河岸での威勢良いやりとりや、入り組んだ仕組みを正しく理解するための50語」「ガイドブックに載っていないうんちく18話」「仲卸人だからこそ、知っている魚にまつわるエピソード104」と盛りだくさんだ。

   マグロの解体ショーは、刑務所への「差し入れ」がはじまり!? 築地では、なぜヒマなことを「芸者の頭」という!?――そんな話も興味深い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!