LCCはキャンセルしたら返金ないのか メリット、デメリットの賢い利用法

印刷

   いよいよゴールデンウイーク。海外旅行もビジネスも格安航空会社(LCC)の登場によって、空の旅が低運賃で手軽になってきた。その半面、リスクもあり、メリット、デメリットをよく理解して上手に利用したい。今回はLCCの使い方や飛行機の魅力、誰にも役立つCA(キャビンアテンダント=客室乗務員)の「秘伝」についても紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

安全性や料金体系の仕組みやルール

『間違いだらけのLCC選び』(著・杉浦一機、草思社)
『間違いだらけのLCC選び』(著・杉浦一機、草思社)

   いまやLCC全盛時代といわれるが、大手の航空会社とどう違うのか、安全性やサービス、料金体系はどうなっているのか。まだまだ、仕組みやルールが分かりにくい。

   『間違いだらけのLCC選び』(著・杉浦一機、草思社、1728円)は、航空アナリストの第1人者がLCCのイロハから中級・上級までの賢い活用法を解説する。

   LCCの運賃は大手の2分1から3分の1だが、キャンセルしたら原則、返金はない。機体は新造機だが、欠航や多少の遅れは覚悟しなければならない。このように長短両面があるのでリスクについて詳しく説明している。基本運賃に含まれない手数料、食事や機内サービスなども取り上げ、実際の試乗記、LCCの17社それぞれの詳細な情報も収録した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中