2018年 5月 26日 (土)

吉野家の「ハムエッグ定食」が約2年ぶりの復活 熱々のミニフライパンでどうぞ

印刷

   牛丼チェーンの吉野家は2017年5月25日、朝定食の「ハムエッグ定食」を全国の店舗にて販売する。販売時間は4時から11時まで。

  • 吉野家の「ハムエッグ定食」
    吉野家の「ハムエッグ定食」

「Wハムエッグ定食」も

   「ハムエッグ定食」は、熱々のハムエッグにキャベツ、コーン、温かいご飯、海苔(のり)、みそ汁を組み合わせ、350円(税込、以下同)という手ごろな価格で提供する。

   実はこのメニュー、09年3月から15年6月まで朝定食として販売していた。オペレーションの都合等によりいったん販売を終了したところ、客からの要望により復活販売することに。

   構成と内容に大きな変化はないが、調理と食器を兼ねたミニフライパンを新たに採用。がっつり食べたい人向けに「Wハムエッグ定食」(450円)も用意した。

   このほか、サイドメニューに牛小鉢をプラスした「ハムエッグ牛小鉢定食」(490円)、「Wハムエッグ牛小鉢定食」(590円)、納豆をプラスした「ハムエッグ納豆定食」(430円)、「Wハムエッグ納豆定食」(530円)もそれぞれ販売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中