女性にとって「30歳」の意味とは? 調査からわかった、「充実」と「不安」のジレンマ

印刷
「仕事も恋も充実させたい」「30までに結婚するためには妥協も必要?」――。

   これは、アラサ―女性のリアルな心情を描いたドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)で登場するセリフだ。年齢やキャリア、恋愛、結婚といった壁にぶつかりながらも「幸せ」を求めて突き進む主人公たちの姿は、同世代の女性を中心に多くの共感を集めた。

   女性にとって特別な意味をもつ「30歳」という人生の区切り。スキンケアブランド「SK‐II」は、そんな女性たちの「心の内」を探った。

20代女性が抱える、「30」へのプレッシャー
20代女性が抱える、「30」へのプレッシャー

30歳を前に相反する気持ちを抱える20代の葛藤

   「運命を変えよう。~#changedestiny~」をブランド哲学に掲げ、人生を前向きに切り開く女性を応援するキャンペーンを実施しているSK-IIは2017年5月、10代~50代の女性1400人を対象に、「女性の生き方」に関する調査を行った。

   最も迎えるのが不安な年齢は、「30歳」――調査から、20歳、40歳、50歳とほかの世代にあがるときに比べ、「30歳」という年齢を迎えることに女性たちは最も不安を抱えているということがわかった。

   そこで、30歳をこれから迎えようとしている今の20代に日々の充実度をたずねた結果を見てみると、20代の60.5%が充実した日々を送っていると回答。しかしながら、漠然とした不安を抱えていると答えた人の割合も20代が71.3%とほかの世代と比較しトップだった。

日々の生活は充実していますか?
日々の生活は充実していますか?
現状のまま時間が過ぎていくことに何となく不安がある
現状のまま時間が過ぎていくことに何となく不安がある

   この結果から20代の女性は、相反する気持ち、つまり、日々の生活は充実しつつも、どこかで不安や焦りを抱えている傾向が読み取れる。

   調査の一環で行ったインタビューでも、30歳を迎えるにあたっての「なんとなくの不安」を口にする女性は少なくなかった。

   この不安の正体は何だろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

追悼