2019年 12月 10日 (火)

【12球団悲喜こもごも】「#2017年プロ野球もう忘れてやれよ大賞」に集まった黒歴史たち

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

ソフトバンク、西武、楽天

■福岡ソフトバンクホークス

   ・夢中のあまりネットに激突
7月31日のTOKYO MXの番組で、声優・内田真礼が、ソフトバンクの甲斐拓也にインタビューする企画があった。

   インタビューは東京ドームのグラウンドで行われ、背後には福田秀平がチラチラ様子をうかがう姿も映る。あまりに見入ってしまったのか、福田が唐突に振り返ると目の前には防球ネットが。見事激突する恥ずかしいシーンが映った。

・ホットドックレースで試合中断
本拠地・ヤフオクドームでの試合では、3回表終了後に「ホットドッグレース」という着ぐるみによるアトラクションが行われる。しかし、5月31日の試合では事情が違った。

   3回表ソフトバンクの守備。2アウトでバッターを2ストライクに追い込み、3球目を空振りに仕留める。3アウトで交代......と思いきや、審判はボークを宣言。しかし、これに気づかなかった着ぐるみたちは、例のごとくグラウンドに登場。あっけにとられた選手たちを尻目にレースが展開された。

■埼玉西武ライオンズ

・鳥の襲撃
8月31日のKoboパーク宮城に突如、鳥の大群が舞い降りた。

   鳥たちは守備についていた西武ナインを襲い、身をかがめるなどして避ける選手たちはなんともこっけいだった。

・顔芸に「熱盛ィィ!」
プロ野球の試合などから熱く盛り上がったシーンを取り上げる「報道ステーション」のコーナー「きょうの熱盛」に、武隈祥太投手が選ばれた。

   その理由が「顔」だ。7月25日の試合で、レフトに大飛球を打たれた際、「入るな...入るな...」と心の声が如実に表れた表情を見せ、そのコミカルさが評価された。

■東北楽天ゴールデンイーグルス

・球宴ピッチャー、入口で止められる
楽天の立花陽三社長が7月14日、インスタグラムで「入り口で...関係者ですか?といわれこの表情」と投稿した。添付された写真には、目に落胆の色を浮かべた美馬学が写っている。

   オールスター第一戦の舞台であるナゴヤドームに入場する際、部外者と疑われてしまったようで、コメント欄には、「ウケる笑笑」「モロ関係者ww」といった声が寄せられた。

・アマダ―東浜に激怒
楽天のアマダ―が、9月1日の試合で「激怒」した。相手ピッチャーのソフトバンク・東浜巨が頭部付近に投球し、カッときたアマダ―は巨体を揺らし東浜に突進した。

   念のためだが、ボールは当たっていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!