2019年 5月 21日 (火)

「西郷どん」の謎を解き明かす 上野の銅像は本人と似ていない!?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
trend_20180115115501.png

   今年(2018年)のNHK大河ドラマは西郷隆盛を描く「西郷(せご)どん」。薩摩の下級藩士から明治維新の立役者として成長していく物語だ。国民的なヒーローとして多くの人たちに親しまれているが、その生涯は幾多の謎に包まれている。今回はテレビを楽しむ手助けになればと、西郷の写真のミステリーや遺訓集、錚々たる文豪の傑作を集めたアンソロジーなどを紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttp://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

現存の写真がないというミステリー

『西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史』(著・加冶将一、祥伝社)
『西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史』(著・加冶将一、祥伝社)

   西郷さんといえば、東京・上野公園の犬を連れた銅像を思い浮かぶ。だが、これをみた糸子夫人が「うちの人はこげんなお人じゃなかった」とショックを受けたという話がある。本当はどうだったのか。

   『西郷の貌 新発見の古写真が暴いた明治政府の偽造史』(著・加冶将一、祥伝社、1944円)は、歴史作家の主人公が西郷隆盛の写真の謎を追うというストーリーだ。「島津公」とされる人物を中心に13人の侍がレンズを見据えている。そのなかのひときわ目立つ大男が西郷ではないのか。肖像画はあるが、写真嫌いの西郷の写真は現存しないといわれている。もし本人だったとしたら、いつ、なんのために撮影されたのか。

   進めるうちに西郷と公家の関係、武器商人・グラバーの影・・・次々と驚愕の事実に直面する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中